タブレット利用者の過半数は、PCもスマホも3つ全部併用……電通調べ | RBB TODAY

タブレット利用者の過半数は、PCもスマホも3つ全部併用……電通調べ

ブロードバンド 回線・サービス

機器の併用率
  • 機器の併用率
  • パソコン・スマホ・スマタブの普及率
  • ふだん音楽を聴く機器
  • ふだん動画を再生する機器
  • スマホ・スマタブで利用する機器
  • スマホ・スマタブの満足度
  • スマホの毎月の利用金額
  • スマタブの毎月の利用金額
 電通は21日、スマートフォンとスマートタブレット端末(スマホ、スマタブ)のユーザー利用実態調査の結果を発表した。調査期間は3月23日~27日で、15~59歳の男女7,069人より回答を得た。

 電通ではパソコン・スマホ・スマタブの3つを「スマート3兄弟」と名付けており、それらが普及するほど広まる“便利な生活ぶり”に焦点を当てた調査となっている。調査結果によると、パソコンに続き、スマホもスマタブも、急速に普及中で、現在の普及は、パソコン=91%、スマホ=29%、スマタブ=7%という状況だった。

 スマホ利用者もスマタブ利用者も9割以上が、パソコン・スマホ・スマタブのいずれかと併用しており、単独利用は少数派だった。特にスマタブ利用者では、51%がパソコンもスマホも全部併用していることが明らかとなった。利用内容では、ふだんスマホ利用者が音楽を聴く機器はパソコンがトップとなり、ステレオ(6%)の約10倍となった。また動画を再生する機器も、インターネット視聴の影響か、パソコンでの視聴が多く(49%)、DVD/BDレコーダー(19%)の2倍以上という結果になった。

 スマホもスマタブも満足度は高く、スマタブでは88%という高さを示した。スマホ利用者の79%は、買い替えるなら「次もスマホにする」と回答している。スマタブは、「使ってみないと良さがわからない」とする利用者が多い一方で、評価はスマホ利用者を大きく上回った。

 スマホからの「コンテンツ利用」「ネットショッピング」も活発で、各利用者の合計は6,600円。そのうち、ネットショッピング分が5,070円を占めている。スマタブの消費額はさらに高額で、各利用者の合計は11,780円。その内のネットショッピング分は、スマホを大きく上回る7,980円だった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top