KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売 | RBB TODAY

KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売

IT・デジタル モバイル

KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売
  • KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売
  • KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売
  • KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売
  • KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売
  • KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売
  • KDDI、WiMAX&Android 4.0の日本オリジナルモデル「HTC J ISW13HT」を25日に発売
 KDDIと沖縄セルラーは18日、auブランドで初めてとなるAndroid 4.0を搭載したスマートフォン「HTC J ISW13HT」を5月25日に発売すると発表した。

 「HTC J」は、日本市場向けに特化して開発されたオリジナルモデル。ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信などの機能に加えて、最大8台までのWi-Fiテザリング機能、下り最大45MbpsのWiMAX通信にも対応している。

 同梱のイヤホン「Beats by Dr Dre urBeats In-Ear Headphones」を挿すと「Beats Audio」が起動。音を忠実に再現し、音楽や動画、ゲームなどを高音質で楽しめるという。F2.0 の明るいレンズと0.7 秒高速起動のカメラ機能も特徴の一つ。ホーム画面上で友人との連絡状況や最新ニュースなどの情報を届けてくれるサービス「au ウィジェット」にも対応する。

 本体サイズは約66×132×10mm(最厚部は約11.2mm)、重さ約142g。CPUは1.5GHzデュアルコア。ディスプレイは約4.3インチの有機EL、メインカメラは約800万画素のCMOSカメラ、サブカメラが約130万画素のCMOSカメラとなっている。電池容量は1810mAhで、連続通話時間約560分、連続待受時間約310時間、内臓メモリは16GBで最大32GBまでの外部メモリー(microSDHC)が利用可能。カラバリは、レッド、ホワイト、ブラックの3色が用意されている。
 
 なお、キャンペーンサイトにて購入を宣言し、期間中に「HTC J」を購入すると、もれなく「電池パック」と「専用ジャケット」、さらに抽選で500名にヘッドフォン「Beats Solo」が当たる登場キャンペーンも実施される。購入宣言の期間は5月8日~25日まで、購入期間は5月25日日~7月31日までとなっている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top