ASUSTeK、最新Android・4コアCPU搭載タブレットPC……「Eee Pad」から「ASUS Pad」へ | RBB TODAY

ASUSTeK、最新Android・4コアCPU搭載タブレットPC……「Eee Pad」から「ASUS Pad」へ

IT・デジタル モバイル

タブレット単体は「TF300-BL32(ブルー)」
  • タブレット単体は「TF300-BL32(ブルー)」
  • 着脱式キーボードドックとセットの「TF300-WH32D(ホワイト)」
 ASUSTeKは17日、10.1型タッチ液晶AndroidタブレットPC「ASUS Pad TF300T」を発表した。販売開始は6月以降。希望小売価格はタブレット単体で34,800円、モバイルドック付きで44,800円。

 同社では今回、タブレットPC「Eee Pad」のシリーズ名を「ASUS Pad」に一新。その第1弾として「ASUS Pad TF300T」をリリースした。同製品は、モバイルキーボードドックの着脱に対応するタブレットPC「Eee Pad Transformer」の新機種で、従来の「Eee Pad TF101」「Eee Pad TF201」に続くモデル。単体ではタブレット、キーボードドック装着時にはノートPCとして利用できる。

 タブレット単体は「TF300-BL32(ブルー)」で、キーボードドックとのセットは「TF300-BL32D(ブラック)」「TF300-WH32D(ホワイト)」をラインアップする。

 ディスプレイは解像度1,280×800ピクセルのLEDバックライト付きタッチパネル液晶で、OSはGoogle最新のAndroid 4.0.3、CPUは「Eee Pad TF201」と同様に4コアのNVIDIA Tegra 3(1.2~1.3GHz)を採用した。

 メモリは1GB、ストレージは32GB、グラフィックスはNVIDIAのGeForce ULP、ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth3.0+HS。内蔵Webカメラは前面120万画素/背面800万画素の2基で、800万画素WebカメラはF値2.2レンズとオートフォーカスを装備。ほかにスピーカー/マイク/GPS/電子コンパス/光センサー/加速度センサー/ジャイロスコープなどを内蔵する。

 インターフェースはmicroHDMI/マイク・ヘッドホンコンボ/microSDカードスロット(microSDHC対応)など、バッテリ駆動時間は約10時間、本体サイズは幅263×高さ9.9×奥行き180.8mm、重さは約635g。

 モバイルキーボードドックの仕様として、キーボードは日本語87キーでマルチタッチ・タッチパッド付き、インターフェースはUSB2.0/カードリーダー(SD/SDHC/MMC)。タブレットに装着することで、タブレット内のバッテリとの組み合わせで連続駆動時間は約15時間。本体サイズは幅263×高さ20.3×奥行き180.8mm、重さは約1.1kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top