デジタルガレージ子会社、Twitterデータを活用する事業を開始……Site Streams APIを日本初利用 | RBB TODAY

デジタルガレージ子会社、Twitterデータを活用する事業を開始……Site Streams APIを日本初利用

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

CGMマーケティング社サイト
  • CGMマーケティング社サイト
  • Twitter社のSite Streams API解説ページ
  • 「CGMマーケティング」ロゴ
 デジタルガレージの子会社であるCGMマーケティングは16日、米Twitter社から、同社が提供するAPIの1つである「Site Streams」の利用許諾を受け、これを活用したビッグデータ関連サービスの提供を行うことを発表した。

 Site Streamsを利用することで、Twitterに蓄積された大量のツイートをさまざまに分析・処理することが可能となる。Site Streams APIでは、通常提供されているTwitter APIよりも多くのデータを利用できるため、スケーラビリティが向上し、より多くの企業、官公庁・地方自治体などの利用が見込めるという。なおTwitter社からSite Streamsの提供を受けるのは、デジタルガレージが日本で初とのこと。

 第1弾の事業としては、CGMMが手がけるTwitterの運用支援ツール「Tweetmanager」にSite Streams等を適用することで、 過去データの検索や検索したツイートの感情分析といった高度な機能を実装する予定だ。こうした機能追加により、一般消費者を対象とした事業を手がける企業が、Twitter上のユーザーを分析し、対応するきめ細かな顧客管理などが実現できるとのこと。

 あわせてCGMMは、Twitter社の収益基盤である「プロモ商品群」について、Twitter社との間で販売代理店契約を締結したことも発表した。今後「プロモツイート」「プロモアカウント」などの広告商品の販売を行っていく。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top