デジタルガレージと講談社、日本発コンテンツの支援事業で協業 | RBB TODAY

デジタルガレージと講談社、日本発コンテンツの支援事業で協業

エンタープライズ 企業

資本業務提携のスキーム
  • 資本業務提携のスキーム
  • 「デジタルガレージ」トップページ
 デジタルガレージと講談社は19日、資本業務提携を発表した。日本発コンテンツのグローバル展開や新規ビジネスの投資育成で、協業を進める。

 具体的には、デジタルガレージが講談社の米国関係会社「Kodansha Advanced Media LLC.」(KAM)の増資を引き受けるとともに、講談社がデジタルガレージの株式を一部取得する。さらに、日本において両社で合弁会社を設立する。

 デジタルガレージと講談社は、KAMを通じ北米市場向けに、デジタルコミック専用のウェブサイト、スマホアプリ、ソーシャルメディア、コミュニティサイトなどの情報を発信していく。これにより、講談社が有するコンテンツの流通を世界規模で加速させるのが狙い。

 新合弁会社「DK Gate」(仮称)では、次世代のコンテンツ事業を担うグローバル企業の育成を目指す。具体的には、電子書籍の配信ソリューションやサービス、DRM(デジタル著作権管理)関連技術など、デジタルコンテンツ関連のスタートアップ企業への出資・育成を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top