パナソニック、店頭向け「レッツノート」のモバイル夏モデル……Ivy Bridge搭載「B11」・仕様強化の「J10」 | RBB TODAY

パナソニック、店頭向け「レッツノート」のモバイル夏モデル……Ivy Bridge搭載「B11」・仕様強化の「J10」

IT・デジタル ノートPC

15.6型液晶搭載「B11」シリーズ
  • 15.6型液晶搭載「B11」シリーズ
  • 10.1型液晶搭載「J10」シリーズ・ハイパフォーマンスモデル
  • 10.1型液晶搭載「J10」シリーズ・スタンダードモデル
 パナソニックは10日、個人向け店頭販売用ノートPC「Let'snote(レッツノート)」の2012年夏モデルを2シリーズ6機種発表した。販売開始は18日。価格はオープン。

 ラインアップと予想実売価格として、15.6型液晶「B11」シリーズの「CF-B11YWADR」は175,000円前後、同Office搭載「CF-B11YWHDR」は200,000円前後。

 10.1型液晶「J10」シリーズのCore i5搭載ハイパフォーマンスモデル「CF-J10YYBHR」は170,000円前後、同Office搭載「CF-J10YYNHR」は195,000円前後。Core i3搭載スタンダードモデル「CF-J10XYAHR」は120,000円前後、同Office搭載「CF-J10XYPHR」は145,000円前後。

■15.6型液晶搭載「B11」シリーズ

 解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応した15.6型液晶ディスプレイを搭載。2012年春モデル「B10」シリーズからCPUをスペックアップし、インテル最新の第3世代Coreプロセッサー・ファミリー(開発コード名:Ivy Bridge)のCore i7-3615QM(2.3~3.3GHz/4コア)を採用した。

 OSはWindows 7 Professional(32/64ビット版 SP1)、メモリは4GB、ストレージは640GB HDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、ワイヤレスは802.11a/b/g/n、インターフェースはHDMI/USB3.0×2/USB2.0/ミニD-sub15ピン/カードスロットなど、標準バッテリ連続駆動時間は約6時間、標準バッテリ装着時の本体サイズは幅370.8×高さ31.4~43.2×奥行き229mm、重さは約1.895kg。

■10.1型液晶搭載「J10」シリーズ

 解像度1,366×768ピクセルの10.1型液晶ディスプレイを搭載し、持ち運びやすいジャケットスタイルのデザインを採用したモバイルノートPC。2012年春モデルと同様、ストレージにSSDを採用したハイパフォーマンスモデルと同HDD採用のスタンダードモデルをラインアップするが、スタンダードモデルは春モデルの250GBからHDD容量を増大し320GBとした。ハイパフォーマンスモデルは128GB SSDとなる。

 また、ハイパフォーマンスモデルのCPUを変更し、春モデルのCore i5-2435M(2.4~3GHz/2コア)からCore i5-2450M(2.5~3.1GHz/2コア)へスペックアップ(第2世代Core)。スタンダードモデルはCore i3-2350M(2.3GHz/2コア)となる。標準バッテリの連続駆動時間は、ハイパフォーマンスモデルが約12.5時間、スタンダードモデルが約7.5時間。

 共通仕様として、OSはWindows 7 Home Premium 32/64ビット版 SP1、メモリは4GB、ワイヤレスは802.11a/b/g/n+WiMAX、インターフェースはHDMI/USB3.0/USB2.0×2/ミニD-sub15ピン/カードスロットなど。

 ジャケット装着時の本体サイズは幅259×高さ39~48×奥行き185mm、同非装着時は幅251.9×高さ27.3~35.1×奥行き171.7mm。ジャケット/標準バッテリ装着時の本体の重さは、パフォーマンスモデルが約1.205kg、スタンダードモデルが約1.185kg。ジャケット非装着/標準バッテリ装着時の重さは、パフォーマンスモデルが約0.99kg、スタンダードモデルが約0.97kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top