TwitterやFacebookなどを横断、読んでほしい人だけにシェアできる「YONDOK.(読んどけ)」 | RBB TODAY

TwitterやFacebookなどを横断、読んでほしい人だけにシェアできる「YONDOK.(読んどけ)」

ブロードバンド その他

「YONDOK.」トップ画面
  • 「YONDOK.」トップ画面
  • ログイン後の基本画面イメージ
  • シータス&ゼネラルプレス
 シータス&ゼネラルプレスは27日、複数ソーシャルメディアとRSSをまとめて読めるニュースフィード機能と、E-mail、Facebook、Twitter などを組み合わせて相手に合わせた共有方法を選択できるクロスプラットフォームシェア機能を備えた新サービス『YONDOK.(読んどけ)』の提供を開始した。

 このツールでは、読みたいニュースを一元管理することで情報収集を効率化できるほか、見つけたニュースを読んでほしい人だけに、「これ、読んどいて」と共有することが可能とのこと。

 同社が4月におこなった「SNSでのシェアに関する意識調査」では、SNSで「何でもシェア」することに75%もの人が抵抗感を持っており、また、「プライベートは仕事関係者にシェアしたくない」人は55%にのぼった。そんな中、TwitterダイレクトメッセージやFacebookのグループ、E-mailに対応し、「内容によってシェア相手を選びたい」というニーズに応えるサービスとして「YONDOK.」を開発したという。

 同サービスでは、異なるプラットフォーム上の複数のユーザーを組み合わせたグループを最大4つまで作成可能。記事ボックスをグループのアイコンにドラッグするだけでそのグループにだけ情報がシェアできる。現在まだβ版だが、5月中にはデザインリニューアルを予定している。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top