iPhone 5がついに発表? 今年のApple WWDCは6月11日から | RBB TODAY

iPhone 5がついに発表? 今年のApple WWDCは6月11日から

エンタープライズ MAC

WWDC 2012
  • WWDC 2012
  • WWDC 2012
  • WWDC 2011の告知ページ
  • 2010年のイベントチケットは、発売後8日間で完売した
  • WWDC 2010の公式サイト
  • 2006年はMac OS X 10.5「Leopard」の機能を発表した。
  • 2006年のMac OS X 10.5「Leopard」のプレゼン
  • 2006年のWWDC
 Appleは25日、毎年恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議:WWDC)を、6月11日から15日にサンフランシスコのMoscone Westにて開催することを発表した。

 この発表会で、新世代の「iOS 6」や「OS X Mountain Lion」についての詳細が発表されるのはほぼ確定的だ。また、過去のWWDCでの発表内容や、商品展開のスケジュールを考えると新型「MacBook Pro」あるいは新型MacBook、さらには「iPhone 5」が発表される可能性がある。

 「今年のWWDCは素晴らしいものを企画しており、iOSとOS X Mountain Lionの最新ニュースを開発者の皆様にお伝えできるのを楽しみにしています」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィリップ・シラーは述べる。

 WWDCに参加する開発者はiOSとOS X Mountain Lionの最新のイノベーションや特長などに触れることができ、アプリケーションの機能性、パフォーマンス、クオリティ、デザインを大幅に向上させる方法を学ぶことができる。さらにコードをラボに持ち込み、Appleのエンジニアから開発テクニックを学んだり、彼らの優れた経験を応用して、自分たちのアプリケーションをより良いものにすることができるという。WWDCの参加チケットは1599ドルで、昨年は8日間で売り切れた。

 Appleが主催するWWDC 2012のアクティビティは以下のとおり。

・Appleのエンジニアが紹介する、最新のiOSおよびOS Xテクノロジーによる開発と運用、それを統合するための、幅広い具体的な技術テーマに関する、100以上のテクニカルセッション
・コードレベルでのサポート、最適な開発技術のアドバイスなど開発者がアプリケーション内でiOS およびMac OSのテクノロジーを最大限に活用する方法を提供する1,000人以上のAppleエンジニアによる100のハンズオンラボ
・世界中から訪れる何千人ものiOSおよびOS Xデベロッパとの交流機会。昨年は60カ国以上からの参加
・テクノロジー、サイエンス、エンターテインメントの各分野のリーダーや影響力ある人々を招いて行なわれる、魅力あふれる刺激的なランチタイムセッション
・技術的に優れ、革新的で抜きん出たデザインを持つ、iPad、iPhoneそしてMacのアプリケーションに贈られる、Apple Design Awardsなど
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top