KDDIウェブコミュニケーションズ、ネットから電話がかけられるAPI「boundio」提供開始 | RBB TODAY

KDDIウェブコミュニケーションズ、ネットから電話がかけられるAPI「boundio」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

boundio(バウンディオ)ブランドロゴ
  • boundio(バウンディオ)ブランドロゴ
  • boundioウェブページ
  • 料金表
 KDDIウェブコミュニケーションズは10日、ネットから電話がかけられるクラウド電話API「boundio」(バウンディオ)の正式版提供を開始した。

 「boundio」は、インターネット上から電話をかけることができる、クラウド電話API。公開されたAPIをウェブサイトやアプリケーションなどに実装するだけで、「050番号による電話発信」「アップロードした音声の再生機能」「テキスト文字列を音声ファイルに変換できる音声合成機能」といった3つの機能が利用可能となる。今回、正式提供にあわせて音声関連機能を拡充し、APIによるアップロード操作を可能とした。音声合成エンジンも更新され、より自然な発話が可能とのこと。

 正式提供ではオプションとして、電話受信者からの折り返し電話をboundioの番号(050)以外に転送する「転送設定」、boundio取得当初の電話番号から別の番号に変更できる「自局電話番号変更」の2つが提供されている。

 具体的な利用方法としては、ECサイトでクレジットカード決済をする際の本人認証として電話認証をしたり、あらかじめ登録をした日時にリマインダー電話やメッセージ電話をかけたりといったケースを想定しているという。

 使用料は、月額1,575円(税込)、通信料が固定電話宛:15ポイント/1分、携帯電話宛:25ポイント/1。1000ポイント1000円で、クレジットカード決済にて前払いとなる。月額使用料と必要ポイント数を支払うことで、電話利用が可能となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top