スマートフォン出荷台数、2011年は前年約3.6倍に急増で携帯電話超える……IDC調べ | RBB TODAY

スマートフォン出荷台数、2011年は前年約3.6倍に急増で携帯電話超える……IDC調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

国内スマートフォン出荷台数予測 2010年~2016年
  • 国内スマートフォン出荷台数予測 2010年~2016年
 IDC Japanは26日、2011年第4四半期(10~12月)および2011年通年の国内モバイルデバイス市場の実績並びに2016年までの予測を発表した。

 これによると、2011年第4四半期の国内スマートフォン出荷台数は、前年同期比184.4%増の689万台だった。この結果、2011年通年のスマートフォン出荷台数は、前年の約3.6倍に相当する2,010万台となり、全携帯端末出荷台数に占めるスマートフォン比率は53.0%に達した。

 同四半期のスマートフォン市場においては、ソフトバンクモバイルとau KDDIから「iPhone 4S」が同時発売されたことで、出荷台数が急増したと見られる。なおAndroidOS搭載のスマートフォンも、同四半期は400万台超の出荷台数を記録しているとのこと。

 IDC Japanでは、2012年以降もスマートフォン出荷台数はプラス成長を維持すると見込んでおり、2012年には一気に3,000万台を超え、3,113万台にまで拡大すると予測している。

 なお、スマートフォン市場と同様、2011年通年のメディアタブレット出荷台数も、前年比173.9%増という大幅なプラス成長を記録し、225万台の出荷実績とのこと。2012年のメディアタブレット市場においても、個人向け、法人向けの双方においてプラス成長を見込めるとIDCでは考えており、同年出荷台数を333万台を予測した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top