ソニー、「Sony Tablet」PシリーズにWi-Fiモデルを追加発表 | RBB TODAY

ソニー、「Sony Tablet」PシリーズにWi-Fiモデルを追加発表

IT・デジタル モバイル

「SGPT213JP/H」
  • 「SGPT213JP/H」
  • 折りたたみ時
 ソニーは22日、Android搭載タブレット「Sony Tablet」の新製品として、5.5型デュアル液晶折りたたみ式「P」シリーズにWi-Fiモデル「SGPT213JP/H」を追加発表した。販売開始は4月21日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 ソニーストアでも取り扱い、22日から銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて先行展示を行なう。

 同シリーズは、3G+Wi-Fiの「SGPT211JP/S」のみであったが、今回、Wi-Fiのみに絞った「SGPT213JP/H」を追加して計2モデルのラインアップとなる。解像度1,024×480ピクセルの5.5型液晶タッチディスプレイを2つ搭載し、2画面を折りたたむことが可能。下画面にソフトウェアキーボードを表示させることでノートPCのような使用や、電子書籍を文庫本のように見開きで表示することができる。

 「SGPT213JP/H」は筐体カラーに新色のグレーを採用。さらに新たに16GBのmicroSDHCカードを付属する。また、バッテリ駆動時間は3G+Wi-Fiモデルに比べ、スタンバイ時で約260時間、音楽再生時で約18.6時間、ビデオ再生時で約7時間にそれぞれ延長している。

 内蔵メモリは4GB。フロント部に30万画素、リア部に511万画素のWebカメラを搭載。ワイヤレスは802.11b/g/n。インターフェースはUSB2.0/3.5mmステレオミニ/microSDカードスロットなど。本体サイズは、画面を開いた状態で幅180×高さ14×奥行き158mm、画面を閉じた状態で幅180×高さ26×奥行き79mm、重さは約356g。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top