富士通、1ラックに168CPU搭載可のマルチノードサーバ「PRIMERGY CX400」提供開始 | RBB TODAY

富士通、1ラックに168CPU搭載可のマルチノードサーバ「PRIMERGY CX400」提供開始

エンタープライズ ハードウェア

シャーシ「PRIMERGY CX400 S1」
  • シャーシ「PRIMERGY CX400 S1」
  • サーバノード「PRIMERGY CX250 S1」
  • サーバノード「PRIMERGY CX250 S1」(PRIMERGY CX400 S1搭載時)
  • 新機種の希望小売価格、および提供開始時期一覧
 富士通は9日、高さ2Uの筐体に4台のサーバノードを搭載できるマルチノードサーバ「PRIMERGY CX400」の販売を開始した。1ラックに最大84ノード、168CPU、1,344コアの搭載が可能で、2WAY 1Uラック型サーバと比べ1ラックあたり2倍の高集積を実現した。

 「PRIMERGY CX400」は、高さ2Uのシャーシ「PRIMERGY CX400 S1」1台と、7日にインテル社より発表された最新CPU「インテルXeon E5ファミリー」を搭載した2WAYサーバノード「PRIMERGY CX250 S1」4台から構成される。複数ノード構成で高性能が求められるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)や、大量のサーバを設置するため高集積が要求されるデータセンターなど、スケールアウト型システムに適した製品となっている。

 8コア・6コアCPUをラインナップするとともに、1CPUあたり4チャンネルのメモリ動作を実現した高速メモリ「DDR3 1600 Registered DIMM(PC3-12800)」を採用。「PRIMERGY CX250 S1」1台あたり最大128GBまで搭載可能となっている。クラスタ構成で求められるInfiniBandカードに対応し、40Gbpsでのノード間通信も実現した。高さ2Uの筐体に4台のサーバノードを搭載可能で、1ラックあたり168CPU、1,344コアを実装できる。「PRIMERGY CX400 S1」の電源には、80PLUS Gold認定を取得した高効率電源を採用するとともに、電源ユニットと冷却ファンをシャーシ内で共有することにより、効率的な電源供給を可能としている。

 価格はシャーシ「PRIMERGY CX400 S1」が税別19万8,000円、サーバノード「PRIMERGY CX250 S1」が152万6,000円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top