Googleマップなどで走行記録を確認できるGPS内蔵ドライブレコーダー | RBB TODAY

Googleマップなどで走行記録を確認できるGPS内蔵ドライブレコーダー

IT・デジタル フォトレポート

「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」
  • 「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」
  • 「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」斜め
  • 「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」背面
  • シガーケーブルの接続イメージ
  • 付属ソフトの画面
  • Google EarthでのKML形式データの利用イメージ
  • 設置イメージ図
 サンコーは、本体の前後に2つのビデオカメラを搭載し、進行方向と後方の撮影が可能な「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」の販売を開始した。同社直販サイト価格は12,800円。

 同製品はGPSセンサーを搭載し、走行した場所をGoogleマップで確認できるドライブレコーダー。本体の取付けはフロントガラスへ吸盤で設置し、シガーソケットから給電を行なう。撮影は車のエンジンをかけると自動で開始する。

 カメラには赤外線ライトを2基装備し、暗い車内の撮影も可能としている。本体には2型液晶ディスプレイを搭載し、前後の映像をリアルタイムで確認できる。

 記録メディアはmicroSDで、撮影した映像は数分ごとに分割したデータで保存される。記録容量が一杯になった場合には、古いデータに自動で上書きをする。また、加速度センサーを搭載し、急加速・急停止・衝撃などを感知した際のデータは上書き防止のロックがかかる。

 撮影データに記録された位置情報/スピード/Googleマップの情報を、映像を合わせて確認できる専用ソフト「J Player」を付属。3次元イメージを生成可能なKML形式でも情報を保存でき、Google Earthに読み込むことで高度の分析もできる。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP。インターフェースはminiUSBなど。記録形式は、動画がAVI、静止画がJPEG。本体サイズは、幅118×高さ135×奥行き90mm、重さは122g。付属品は、GPSアダプタ/シガーケーブル/吸盤アタッチメントなど。

【訂正】
※当初、Mac OS(10.5以降)にも対応すると記載しておりましたが、その後メーカーリリースに修正(Mac OSは非対応)があったため、記事を一部訂正しました。


《丸田》

関連ニュース

特集

page top