スローモーション・定点観測撮影が可能なビデオカメラ | RBB TODAY

スローモーション・定点観測撮影が可能なビデオカメラ

IT・デジタル フォトレポート

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 「高速・微速度撮影HDカメラ『そこが撮りたい』」(型番:FDHDCT78)
  • ディスプレイ側
  • タッチパネルの操作画面
  • 本体と付属品
 サンコーは、解像度320×240ピクセル時にフレームレート240コマ/秒のスローモーション撮影が可能なデジタルビデオカメラ「高速・微速度撮影HDカメラ『そこが撮りたい』」(型番:FDHDCT78)を販売開始した。価格は12,800円。

 スローモーション撮影により、水滴がはじける瞬間や野球のバッティングなど素早い動きを詳細に映像で楽しめる。また、特定の時間間隔で静止画像を録画して1つのムービーファイルとし、被写体の動きを実際よりも速く見せられる微速度撮影(タイムラプス、コマ落とし)にも対応。植物の花が開花する過程や星の動きといった定点観測撮影が可能となっている。設定できる時間間隔は1秒・3秒・5秒。

 動画撮影最大解像度は1,920×1,080ピクセル・フレームレート30コマ/秒でフルHDに対応し、ファイル形式はAVI。手ブレ防止機能や動作検知モードをはじめ、撮影開始数秒前から撮影できるプレ録画機能などを搭載。HDMIかアナログでテレビ出力し、撮影映像をテレビで観ることができる。また、JPEGファイルの静止画撮影にも対応し、夜間撮影モードや顔認識機能などを装備する。

 3型タッチ液晶ディスプレイを搭載。128MBメモリを内蔵するほか外部記録メディアはSD/SDHC/SDXCカードに対応、インターフェースはHDMI/AV/USB2.0など、バッテリはリチウムイオン充電池で、バッテリの連続駆動時間はフルHD動画撮影時に最大1時間45分、本体サイズは幅110×高さ45×奥行き65mm、重さは232g。付属品はUSBケーブル/HDMIケーブル/AVケーブル/ACアダプタ/充電式バッテリ/ポーチなど。

■スローモーション撮影のサンプル動画


■微速度撮影(タイムラプス)のサンプル動画

《加藤》

関連ニュース

特集

page top