キヤノン、「EOS 5D Mark III」にも対応する外部ストロボなどアクセサリー2製品 | RBB TODAY

キヤノン、「EOS 5D Mark III」にも対応する外部ストロボなどアクセサリー2製品

IT・デジタル デジカメ

スピードライト「600EX-RT」
  • スピードライト「600EX-RT」
  • GPSレシーバー「GP-E2」
 キヤノンは、「EOS 5D Mark III」にも対応する、デジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズ用のアクセサリーとして、外部ストロボの最上位機種となるスピードライト「600EX-RT」と、汎用GPSレシーバー「GP-E2」を発表した。

 販売開始は、「600EX-RT」が3月下旬、「GP-E2」が4月下旬。価格はオープンで、同社直販サイト価格は「600EX-RT」が65,000円、「GP-E2」が25,000円。

 「600EX-RT」は、「EOS」用外部ストロボとしては「ワイヤレスストロボ撮影機能」を初搭載したスピードライトで、カメラと最大約30m離れた場所に設置してのストロボ撮影を可能とする。おもに、カメラと離れたアンブレラや、ソフトボックス内などへの設置を想定している。

 従来機種「580EXII」をベースに、発光特性などを向上させ、ストロボ光の色温度を調整することができる「カラーフィルター」に対応するなど、性能向上が図られている。

 「GP-E2」はキヤノン製品としては初めてとなる、「EOS」シリーズと互換性を持つGPSレシーバー。高感度・高精度をうたう「GPSモジュール」を搭載したことにより、信頼度の高い位置情報の測定が可能だという。

 「600EX-RT」のバッテリは単3形乾電池4本で、外部電源に対応。本体サイズは、幅79.7×高さ142.9×奥行き125.4、重さは約425g。

 「GP-E2」の本体サイズは、幅54.3×高さ72.9×奥行き44.2、重さは約81g。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top