イマドキ受験生、“勉強時間”だけでなく“気分転換”も重視……ベネッセ調べ | RBB TODAY

イマドキ受験生、“勉強時間”だけでなく“気分転換”も重視……ベネッセ調べ

 ベネッセコーポレーションは、今年1月に実施した「高校受験に関する意識調査」の結果を発表した。この調査は1月6日~9日に、高校1年生(昨年の高校受験経験者)男女300名と、高校受験生の保護者300名とにアンケートを実施したものとなっている。

エンタメ 調査
志望校合格のために受験に必要だと思ったもの(親子世代で比較)
  • 志望校合格のために受験に必要だと思ったもの(親子世代で比較)
  • いまどきの受験生は、メンタルを重視
  • 入試本番当日(or前日)のご飯について
  • 「受験にカツ神話」の今と昔の比較
  • 進研ゼミの巨大ポスター
  • さまざまな応援メッセージが表示されている
  • 通行人も足を止めてポスターに見入っていた
  • すでにほとんどのアカシートが持ち帰られた状態
 ベネッセコーポレーションは、今年1月に実施した「高校受験に関する意識調査」の結果を発表した。この調査は1月6日~9日に、高校1年生(昨年の高校受験経験者)男女300名と、高校受験生の保護者300名とにアンケートを実施したものとなっている。

 それによると、イマドキの高校受験生と、その親世代が「受験に必要だと思ったもの」に違いが見られた。親世代が“勉強時間”をもっとも必要と感じていたが、現在の受験生は勉強時間だけでなく、“適度な気分転換”(親世代:35.7%、イマドキ受験生:66.7%)や“十分な睡眠時間”(親世代:28.0%、イマドキ受験生;51.3%)も重視していることが判明した。

 次に、現在の受験生と親世代に「高校受験の当日、もしくは前日にあなたが食べたご飯はありましたか」と質問をしたところ、圧倒的に強いのは、「受験にカツ」の“カツ”となった。“カツ丼”と“トンカツ”を合わせた合計で見ると、親世代の3人に1人がカツ(32.3%)だったのに対し、イマドキの受験生では2人に1人がカツ(47.7%)と、大幅にシェアを伸ばしていることも判明した。ただし親世代でトップを誇った“トンカツ”を抜き、イマドキ受験生には“カツ丼”が指示されていた。

 なおベネッセでは2月20日~26日の1週間、東京メトロ新宿駅B1Fプロムナードに、幅14.5m×高さ2mの巨大な受験生応援広告を掲示。「進研ゼミ中学講座」CMキャラクターの“櫻井翔”さんの巨大ポスターとともに、お守りをモチーフにした、受験応援広告オリジナルの“合格のアカシート”がはがして持ち帰り可能となっている。

 このアカシートをはがすと、昨年受験を経験した現高校1年生を対象に実施した「高校受験に関する意識調査」より、「高校受験の当日、“親”に言われて、あなたがやる気になった言葉」で1位に選ばれた「がんばれ!」と、上位7位に選ばれた言葉が応援メッセージとして現れるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top