ソフトバンク、下り最大110Mbps「SoftBank 4G」を24日から提供開始……対応のWi-Fiルーターも同日発売 | RBB TODAY

ソフトバンク、下り最大110Mbps「SoftBank 4G」を24日から提供開始……対応のWi-Fiルーターも同日発売

 ソフトバンクモバイルは20日、下り最大110Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」を24日から提供開始すると発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「SoftBank 4G」対応端末「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」
  • 「SoftBank 4G」対応端末「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」
  • ソフトバンクモバイルのプレスリリース
  • 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」
  • 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」付属のモバイルバッテリー
 ソフトバンクモバイルは20日、下り最大110Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」を24日から提供開始すると発表した。

 「SoftBank 4G」は、2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム「XGP」を高度化させた「AXGP」を利用し、下り110Mbpsの最高伝送速度を実現する通信サービス。対応エリアは2011年度末の時点で札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市などとなっており、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大する予定としている。

 同サービスの料金プランとしては、月額5,985円の「4Gデータし放題フラット」が提供される。また、4月30日までの「4Gスタートキャンペーン」期間中に申し込んだ場合、月額4,980円で、ソフトバンクのスマホやタブレット端末を利用中のユーザーの場合、4月30日までに申し込むと月額3,880円で利用することが可能。ただし、2012年10月以降は、毎月利用のデータ量が5GBを超えた場合、請求月末まで通信速度が送受信最大128kbpsに制限される。別途申し込みにより制限なく利用できるが、5GB超過後、2GBごとに2,625円がかかるとのこと。

 同サービスの対応端末として、Wi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」も同日から発売される。

 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」は、「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター。下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」にも対応し、幅広いエリアでWi-Fiのアクセスポイントとして利用できる。スマートフォンのほか、パソコンやゲーム機などさまざまなWi-Fi対応機器を最大10台まで同時に接続可能で、「マルチSSID設定」にも対応し、Wi-Fi対応機器によってSSIDを使い分け、別々のセキュリティに設定することができる。

 本体サイズは約64×100×16.1mm、重さは約110g。連続通信時間はAXPGで約3時間、W-CDMAで約3.5時間、付属のモバイルバッテリーとつなげることで合計最大9時間の通信も可能としている。価格はオープン。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top