アップルとサムスンが躍進!2011年のスマートフォンシェア | RBB TODAY

アップルとサムスンが躍進!2011年のスマートフォンシェア

 調査会社の米IDCは6日(現地時間)、全世界のスマートフォンのベンダー別シェアを発表した。期間は2011年の通年と四半期ごと。

IT・デジタル スマートフォン
2011年のベンダー別スマートフォンシェア
  • 2011年のベンダー別スマートフォンシェア
  • 四半期ごとのシェアの推移
  • サムスンの主力モデルGalaxy SII
  • 驚異的な人気のiPhone 4S
 調査会社の米IDCは6日(現地時間)、全世界のスマートフォンのベンダー別シェアを発表した。期間は2011年の通年と四半期ごと。

 発表によると2011年に販売されたスマートフォンの総数は4億9140万台。前年は3億470万台で、市場規模は61.3%も拡大した。年間シェアトップの座を獲得したのはサムスンで、販売台数9400万台、シェアは19.1%。サムソンの2010年の販売台数は2290万台であり、驚異的な躍進を遂げたといえる。

 2位はアップルで、販売台数9320万台、シェア19.0%と、サムスンとの差はごくわずか。iPhone 4Sを発売してから驚異的な追い上げを見せ、第4四半期ではシェアトップを獲得した。また、通年のデータで2010年に対して96.2%増と販売台数をほぼ2倍に増やした。しかし、それでもサムスンにはわずかに及ばなかった。

 3位はノキア。携帯電話全体では圧倒的なシェアでトップのノキアだが、スマートフォンについては販売台数7730万台、シェア15.7%で、前年から22.8%も販売台数を減らしている。

四半期ごとのシェアの推移のグラフを見ると、ノキアが勢いをなくし、対照的にサムスンが販売を伸ばしていることがよくわかる。また、アップルは第4四半期にジャンプアップしており、iPhone 4Sの人気ぶりが伺える。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top