歴代ブルーマーブルで最高の高精細!地球の最新画像をNASAが公開 | RBB TODAY

歴代ブルーマーブルで最高の高精細!地球の最新画像をNASAが公開

ブロードバンド ウェブ

公開されたブルーマーブル。
  • 公開されたブルーマーブル。
  • ブルーマーブルの一部を拡大した画像。
  • アポロ17号が撮影した「ザ・ブルーマーブル」。
 米NASAは25日(現地時間)、最新の地球の画像「ブルーマーブル」を発表した。8000×8000ピクセルという超高精細な美しい画像だ。

 この画像は、次世代地球観測研究衛星によって撮影されたもの。この衛星の本来の目的は、自然災害のモニターや天気予報のためのデータ収集、長期的な気候変動の観測など。最新の撮影機器を搭載しているため、このような高精細の撮影が可能になった。

 地球を撮影した画像としては1972年にアポロ17号から撮影された写真が有名で、当時の宇宙飛行士には地球がまるでビー玉のように見えたことから、「ザ・ブルーマーブル(青いビー玉)」と名付けられた。その後、何度となく地球の写真が撮影されたが、それらは全て定冠詞「The」を付けない「ブルーマーブル」と呼ばれる。今回のブルーマーブルはこれまでに撮影された中でもっとも高精細であり、もっとも美しい画像とも言えそうだ。

 このブルーマーブルの画像データはNASAのウェブサイトからダウンロードできる。その際サイズの選択が可能で、フルサイズも選べるが、その場合のファイルサイズは16.4Mバイトになる。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top