DeNA、HTML5開発支援フレームワーク「Arctic.js」をオープンソースとして公開 | RBB TODAY

DeNA、HTML5開発支援フレームワーク「Arctic.js」をオープンソースとして公開

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Arctic.js」を使用したゲーム例(『住み着き妖精セトルリン』おさんぽシーン)
  • 「Arctic.js」を使用したゲーム例(『住み着き妖精セトルリン』おさんぽシーン)
  • GitHubの「Arctic.js」プロジェクトページ
  • 「Arctic.js」を使用したゲーム例(『海賊トレジャー』サルベージシーン)
 ディー・エヌ・エー(DeNA)は24日、人気ゲームタイトルで使用されているHTML5開発支援フレームワーク「Arctic.js」をオープンソースとして公開した。

 「Arctic.js」は、スマートフォン向けブラウザゲームにおけるインタラクティブなアクションゲーム操作や、複雑なアニメーション表現を支援するJavaScriptフレームワーク。豊富なアニメーション作成支援機能のほか、表示ツリー・イベント伝播モデル、ActionScript3.0と近いAPIによるFlash開発経験者の学習負担軽減、各種スマートフォンOSの断片化を吸収し開発工数を大幅に削減できる機能などを有している。「Arctic.js」を用いてJavaScriptのコーディングを行うことで、一度の開発でAndroidとiOS双方のさまざまなスマートフォンデバイスへ、高品質なゲームを短期間で提供可能となる見込み。

 具体的には、「Mobage」にて提供されている「住み着き妖精セトルリン」「海賊トレジャー」「ガンダムロワイヤル」(運営元:バンダイナムコゲームス)などで「Arctic.js」が使用されているという。利用料は無料で、ホスティングサービス「GitHub」からダウンロード可能。なお、「Mobageオープンプラットフォーム」以外において営利目的で使用・複製などする際は、書面による使用許諾が必要。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top