電子ブック作成ソフト「ActiBook」、2月にHTML5対応……iOS端末でもブラウザで閲覧可能に | RBB TODAY

電子ブック作成ソフト「ActiBook」、2月にHTML5対応……iOS端末でもブラウザで閲覧可能に

 スターティアラボは26日、電子ブック作成ソフト「Digitalink ActiBook(デジタリンク アクティブック)」において、HTML5に対応した電子ブックの作成が可能になるバージョンのベータ版を、2012年2月を目途にリリース予定だと発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「ActiBook」公式ページ
  • 「ActiBook」公式ページ
  • 「ActiBook」作成サンプル
  • iPadで表示したHMTL5 対応の電子ブックベータ版(開発途中)
 スターティアラボは26日、電子ブック作成ソフト「Digitalink ActiBook(デジタリンク アクティブック)」において、HTML5に対応した電子ブックの作成が可能になるバージョンのベータ版を、2012年2月を目途に公開することを発表した。

 「ActiBook」は、PCやiPhone、iPad、Android搭載スマートフォンに対応した電子ブックの作成ができる制作ソフト。現在、iOSを搭載したスマートフォンやタブレット端末においてはFlashの表示ができず、電子ブックの閲覧にはApp Storeから閲覧用アプリ「ActiBookアプリ」をダウンロードする必要がある。HTML5に対応することで、アプリのダウンロードを行わなくても、iPhoneやiPad、Androidから電子ブックの閲覧が可能となる。また、PC用、アプリ用、HTML5対応版の同時作成が可能で、制作者側の作業コストも最小限に抑えることができるとしている。

 同社では、今回のバージョンアップにより電子ブックの閲覧を用意にすることで、電子ブックユーザーの更なる獲得を目的としており、電子ブック業界におけるデファクトスタンダードへ向け、更なる販売促進を行っていく予定とのこと。なお、「ActiBookアプリ」の開発は今後も続けていくとしている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top