富士フイルム、光学30倍望遠デジカメ……マニュアルズームと乾電池駆動の2機種 | RBB TODAY

富士フイルム、光学30倍望遠デジカメ……マニュアルズームと乾電池駆動の2機種

 富士フイルムは、デジカメ「FinePix」の新製品として、光学30倍のロングズームに対応する「HS30EXR」と「S4500」の2機種を発表した。販売開始は2月11日。価格はオープン。

IT・デジタル デジカメ
「FinePix HS30EXR」
  • 「FinePix HS30EXR」
  • 「FinePix HS30EXR」背面
  • 「FinePix HS30EXR」のマニュアルズームのイメージ
  • 「FinePix S4500」ブラック(ストロボ撮影時)
  • 「FinePix S4500」ブラック背面
  • 「FinePix S4500」ホワイト
  • 「FinePix S4500」ホワイト背面
 富士フイルムは、デジカメ「FinePix」の新製品として、光学30倍のロングズームに対応する「HS30EXR」と「S4500」の2機種を発表した。販売開始は2月11日。価格はオープンで、同社直販サイト価格は、「HS30EXR」が49,800円、「S4500」が29,800円。

■光学30倍マニュアルズーム搭載「FinePix HS30EXR」

 「FinePix HS30EXR」は、35mm判換算で超広角24mmから超望遠720mmまでの幅広い撮影領域をカバーするロングズームレンズ搭載モデル。ズームレンズはズームリングにより手動操作でズーム倍率に設定できるマニュアル式を採用しており、レンズ一体型ながらレンズ交換式一眼デジカメ並みの操作感。また、1.4倍と2倍の超解像デジタルズームを装備し、光学ズームとの併用で最大60倍ズームを可能とした。

 有効画素数1,600万画素で1/2型EXR CMOSセンサーを搭載。1,600万画素の場合に最大8コマ/秒、800万画素では約11コマ/秒の高速連写機能を装備し、バッテリは約600枚までの撮影が可能な大容量のリチウムイオン充電池を採用した。

 1コマのなかに2コマ分の画像を重ねる多重露出モードを新たな撮影モードとして搭載。異なる角度から撮影した2コマの画像をカメラ内で合成して1コマの3D画像を作成する「3D2回撮り」機能を備えた。また、顔検出機能「顔キレイナビ」を進化させた「顔追尾オートフォーカス(AF)」を新搭載。屋外でも液晶画面を見やすくする「モニター晴天モード」を新装備した。

 記録形式はJPEG/RAW/RAW+JPEGで、解像度1,920×1,080ピクセルでH.264規格準拠(MOV)のフルHD動画撮影にも対応。約25MBメモリを内蔵するほか、外部記録メディアとしてSD/SDHC/SDXCカードに対応する。3型液晶ディスプレイを搭載。インターフェースはHDMI/USB2.0/ビデオ出力など。本体サイズは幅130.6×高さ96.6×奥行き126mm、重さは約687g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はリチウムイオン充電池/バッテリチャージャー/ショルダーストラップ/専用USBケーブル/レンズキャップ/レンズキャップ紐など。

■光学30倍ズーム・単3形乾電池駆動「FinePix S4500」

 「FinePix S4500」は、有効画素数1,400万画素で1/2.3型正方画素CCDセンサーを搭載し、35mm判換算で超広角24mmから超望遠720mmまでの光学30倍ズームに対応するモデル。最大6.7倍のデジタルズーム機能も装備し、光学30倍ズームとの併用で最大201倍ズームを可能とした。

 バッテリは外出先などで入手しやすい単3形乾電池(4本)を採用。ディスプレイは3型液晶を搭載。JPEG形式の静止画のほか、解像度1,280×720ピクセルでAVI形式(Motion JPEG)のハイビジョン動画撮影にも対応する。

 内蔵メモリはなく、外部記録メディアとしてSD/SDHC/SDXCカードに対応。インターフェースはHDMI/USB2.0/ビデオ出力など。本体カラーはブラック/ホワイトの2色を用意。本体サイズは幅118×高さ80.9×奥行き99.8mm、重さは約543g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品は単3形乾電池×4/ショルダーストラップ/専用USB+AVケーブル/レンズキャップ/レンズキャップ紐など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top