メリル・ストリープ、金熊名誉賞を受賞へ | RBB TODAY

メリル・ストリープ、金熊名誉賞を受賞へ

エンタメ 映画・ドラマ
メリル・ストリープ
  • メリル・ストリープ
 メリル・ストリープが本年度ベルリン国際映画祭で金熊名誉賞を受賞することになった。最新映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』でマーガレット・サッチャー元英首相を演じ、アカデミー賞受賞最有力候補に挙がっているメリルは、2月14日に行なわれるこの映画試写会にて同賞を授与されるという。

 同映画祭のディレクターを務めるディーター・コスリック氏は、どんな役でも容易く演じてしまうメリルが同賞に選ばれることは何らおかしいことではないとコメントしている。「こんなにも素晴らしいアーティストで世界的スターに、金熊賞を授与出来ることを光栄に思います。メリル・ストリープは、ドラマチックなものからコメディものまで幅広い役を易々とこなす、卓越した多才な女優です」

 アカデミー賞史上最多16回のノミネート、そしてうち2度の受賞歴があるメリルの最近のノミネートは、映画『ジュリー&ジュリア』で演じた料理家ジュリア・チャイルド役だ。

 これまでに金熊賞は、カーク・ダグラスやソフィア・ローレン、グレゴリー・ペック、そしてイアン・マッケランなどが受賞している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top