東北地方の海底地形変動、海溝軸まで達した断層破壊……海洋研究開発機構が検証 | RBB TODAY

東北地方の海底地形変動、海溝軸まで達した断層破壊……海洋研究開発機構が検証

 海洋研究開発機構の地球内部ダイナミクス領域の冨士原技術研究主任らは2日、東北地方太平洋沖地震の震源域近傍における海底地形変動の検証について、新たに2004年に実施した海底地形調査データも加えた変動量の評価を発表した。

ブロードバンド その他
調査域海底地形図
  • 調査域海底地形図
  • 2011年の調査測線に沿った海底地形図
  • 2004年と1999年の海底地形の比較
  • 2011年(地震後)と2004年の海底地形の比較
  • 2011年と1999年の海底地形の比較
 海洋研究開発機構の地球内部ダイナミクス領域の冨士原技術研究主任らは2日、東北地方太平洋沖地震の震源域近傍における海底地形変動の検証について、新たに2004年に実施した海底地形調査データも加えた変動量の評価を発表した。

 4月28日時点では、1999年と2011年のデータの比較を行い、大幅に地形が移動した可能性が指摘されていたが、今回改めて、1999年から2004年では海底地形の変化は認められないことが確認された。移動量については、今回さらに詳細な検討が実施され、震源近傍から海溝軸に至る領域が東南東方向に約50m、上方に約7~10m移動したことが確認された。海溝軸まで達した断層破壊だという。

 なおこの検証の成果については、12月2日付の米科学誌「サイエンス」に掲載される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top