パックネットが自社網・拠点を武器にCDNサービスへ参入 | RBB TODAY

パックネットが自社網・拠点を武器にCDNサービスへ参入

エンタープライズ その他

パックネットCEOのビル・バーニー氏
  • パックネットCEOのビル・バーニー氏
  • 日本はパックネットのネットワークにおける重要なロケーション
  • 日本のデジタルメディア市場
  • 拡大するCDN市場に進出
  • パックネットのCDN戦略
  • 包括的な「高速化」サービス群
  • まとめ
  • パックネットサービス・ジャパンCEOの田所氏
 アジア最大級の独立系通信サービス・プロバイダー、パックネット(本社・香港)は29日、コンテンツデリバリネットワーク・サービス「Pacnet CDN」の提供を開始。自社で所有・運用するネットワークとホスティングインフラを活用したアジア最大規模のCDNが誕生した。

 同社のCDN参入は、同市場で大半のシェアを獲得している最大手、アカマイ・テクノロジーズ(本社・マサチューセッツ)に次ぐ“後発組み”となるが、参入理由について同社CEO・ビル・バーニー氏はこう語る。

 「例えば、欧米では動画をケーブルテレビ経由で見るのに対し、アジアはブロードバンドで楽しむ傾向がある。アジア太平洋地域は、2015年までに北米を抜いてIPトラフィック量最大の地域となり、世界最大のデジタルコンテンツ市場となると見込んでいる」

 同サービスには、CDNテクノロジープロバイダーのエッジキャスト(本拠地・カリフォルニア)の技術が採用され、同社は「ライバルよりも高キャッシュヒットレートを提供できる」と説明。

 パックネットサービス・ジャパンCEO・田所博文氏は、「テクノロジーもパフォーマンスも他社とは違うと確信している。正直、サービス料金は言えないが、かなりインパクトのあるものになる」と自信を込めた。

 パックネットは、アジアと太平洋にまたがる全長4万6千420kmにおよぶ海底ケーブルネットワークと、アジア各地に展開するデータセンターを所有。こうした自慢の“点と線”を活用し、爆発的に成長し続けているアジア地域でのブロードバンド市場にワンストップによるCDNサービスで打って出るわけだ。

 「アカマイなどは、データセンターやネットワークを『所有』はしていないが、我々は、自社の海底ケーブル・IPネットワーク・データセンターなどを柔軟に組み合わせ、他社にはないフルラインナップのソリューションを提供できるという強みがある。この点が競合他社との差別化につなげられるのではないか」と田所氏は説明した。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top