ヤフー、ビジネス向けクラウドサービス「Yahoo!クラウド ストレージ」提供開始 | RBB TODAY

ヤフー、ビジネス向けクラウドサービス「Yahoo!クラウド ストレージ」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Yahoo!クラウド ストレージ」紹介ページ
  • 「Yahoo!クラウド ストレージ」紹介ページ
  • サービス仕様
  • 提供API
  • ストレージ使用量とネットワーク転送量による従量課金(税込)
 ヤフーは6日、Yahoo!JAPANのインフラ環境を利用した容量無制限のビジネス向けクラウドストレージサービス「Yahoo!クラウド ストレージ」の提供を開始した。

 「Yahoo!クラウド ストレージ」は、Yahoo!ボックスやGyaO!などYahoo!JAPANのさまざまなサービスで利用されているインフラ環境を利用できるサービス。標準提供のCDN(Contents Delivery Network)機能を利用することで、大量のコンテンツ配信にも対応可能となっており、バックアップデータの保存や、ウェブコンテンツの配信などに利用できる。

 コントロールパネルでは、ファイル管理機能、利用状況のレポート機能(グラフ表示対応)、月次利用実績の確認、アクセス権限設定、API設定などの機能を提供する。APIは、業界標準として広く利用されているREST形式(クラウドストレージAPIはAmazon S3互換相当)。保存データは自動的に多重化され、冗長性を確保しており、99.9%以上の可用性を保証している。料金は使用量に応じた従量課金(ストレージ使用量とネットワーク転送量)を採用。

 ストレージ利用価格は10円/1GBから、ネットワーク転送量(OUT)はクラウドストレージ15.75円/1GB、CDN14.7円/1GBからとなる。初期費用やリクエスト課金は不要。

 なお、「Yahoo!クラウド ストレージ」は、データセンター事業を運営するIDCフロンティアと共同で企画・商品開発を行っており、IDCフロンティアが契約代理店として、サービスの販売と契約を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top