富士フイルム、レンズ交換不要の26倍ロングズームが可能なプレミアムコンパクトデジカメ「FUJIFILM X-S1」 | RBB TODAY

富士フイルム、レンズ交換不要の26倍ロングズームが可能なプレミアムコンパクトデジカメ「FUJIFILM X-S1」

IT・デジタル 周辺機器

「X-S1」正面
  • 「X-S1」正面
  • 「X-S1」背面
  • 「X-S1」正面斜め
 富士フイルムは24日、高級コンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100」(3月発売)「FUJIFILM X10」(10月発売)に続く「X」シリーズの第3弾「FUJIFILM X-S1」を発表した。販売開始は12月7日。価格はオープンで、予想実売価格は80,000円前後。

 「X」シリーズは、「撮る愉しさ」をコンセプトにしたプレミアムデジタルカメラ。「X-S1」のおもな特長として、ボディとレンズが一体型となる。F2.8-5.6のフジノン光学26倍のマニュアルのズームを搭載し、広角24mmから超望遠624mmまでの撮影がレンズ交換なしで可能。ズームレンズは、非球面レンズ8面4枚とEDレンズ2枚を含めて12群17枚で構成する。シフトさせるレンズ群の軽量化を図った新開発の「レンズシフト式手ブレ補正機能」を採用し、スーパーマクロモードの選択で被写体1cmまでの近接撮影ができる。

 また、2枚のガラスレンズと1枚の非球面レンズを用いた0.47型の電子ビューファインダーにより、被写界深度やホワイトバランス等の設定値確認、マクロ撮影時のピント合わせが容易になったとする。

 その他、撮影シーンに応じて1つのセンサーを高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先の3つのモードに切替できる同社独自のEXR技術と、高感度CMOSセンサーを組み合わせた2/3型1,200万画素「EX CMOS センサー」を搭載。フル画素(L サイズ)で約 7 コマ / 秒、600 万画素(M サイズ)で約 10 コマ / 秒の高速連射が可能なほか、被写体の動きの有無を検出し、最適な撮像方式に自動で切り替え、全 99 パターンの撮影条件の組み合わせができるとした。

 本体はラバー調コーティング仕上げで、モードダイヤル/コマンドダイヤルはアルミ削り出し工法。金属製のレンズフード/レンズリングを採用し、ズームレンズの鏡胴内部には金属を使用している。

 従来のXシリーズ同様、マニュアルズームを活用したフルHD動画撮影に対応。多彩な色調を選び撮影効果が楽しめる「フィルムシミュレーションモード」を備えた。継ぎ目のないパノラマ写真が撮影できる「ぐるっとパノラマ360」機能を装備する。

 記録形式は、静止画がJPEG/RAW、動画がMOVでステレオ音声付き。有効画素数は1,200万画素。内蔵メモリは約26MBでSD/SDHC/SDXCカードに対応。インターフェースはHDMI/USB2.0など。本体サイズは幅135×高さ107×奥行き149mm、重さは約945g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はバッテリチャージャー/ショルダーストラップ/USBーブル/専用レンズキャップ/専用レンズフードなど。
《熊谷》

関連ニュース

特集

page top