ブランドダイアログ、営業支援メールマーケティング「GRIDY メールビーコン」正式リリース | RBB TODAY

ブランドダイアログ、営業支援メールマーケティング「GRIDY メールビーコン」正式リリース

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

メールビーコンサービスイメージ
  • メールビーコンサービスイメージ
  • 「Knowledge Suite」
 ブランドダイアログは、SaaS型SFA/CRMリード育成基盤「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」の戦略的メールマーケティングサービス「GRIDY メールビーコン Powered by WEB CAS(以下 メールビーコン)」の正式販売を11月29日より開始すると発表した。

 メールビーコンは、ブランドダイアログの資本を含む業務提携先である株式会社エイジアの主力製品「WEB CAS」のメールマーケティングエンジンを、Knowledge Suiteへインテグレーションした、見込み顧客育成を推進する営業支援メールマーケティングサービス。

 「バーチャル営業マン」機能が特徴で、GRIDY SFAの顧客データベースに蓄積されている顧客情報の中から、特定の条件に見合う顧客を抽出し、営業担当者自らがOne to Oneでメールを送っているような、タイムリー且つ顧客ニーズに沿った効果的なメールを配信することができる。差出人は営業担当者を指定し、ある条件の顧客を抽出、配信期間をセットすることで、「バーチャル営業マン」がお知らせメールやフォローメールを適切なタイミングで対象顧客に一斉配信を行い、コールドリードからホットリードへと育成していくことができる。さらにユーザーアクションをリアルタイムで営業担当者に通知し、即座に次の一手を見つけ出すことも可能。

 メールビーコンの配信エンジンとして実装されているエイジア社のWEB CASは、戦略的メールマーケティングを実践する企業、安全性を重視する官公庁・地方自治体、大手企業等が導入している製品。安心、快適な使い心地には定評があり、メール配信市場ではNo.1のシェアの実績がある。

 利用する顧客リストはGRIDY SFAに蓄積されている全顧客データベースから条件に当てはまる顧客を抽出する。顧客リストを毎回一から作成する必要はない。またオンラインですべて完結するので、ローカルに顧客データを保存する必要がなく、セキュリティ面も安心。さらに、GRIDYグループウェアのワークフロー機能との連携により、上長の承認なくしては配信不可とする制御を持たせることも可能。配信がされた後は、GRIDY SFAの顧客データベースへ配信履歴が必ず残る。
 
 利用料金は、配信従量制:4円/通(標準装備)と配信定額制:10,000円~/月(要申込)の2通りを予定。※配信メールアドレス数により変動 。1メールアドレスあたり配信通数無制限。
 
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top