KDDI、「KDDI Knowledge Suite」にグループウェア固定プランを新設……メールビーコン機能も追加 | RBB TODAY

KDDI、「KDDI Knowledge Suite」にグループウェア固定プランを新設……メールビーコン機能も追加

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「KDDI Knowledge Suite」の概要
  • 「KDDI Knowledge Suite」の概要
  • 基本料金表
 KDDIは14日、統合ビジネスアプリケーション「KDDI Knowledge Suite」において、機能追加と新料金プランの提供を行うことを発表した。15日より「GRIDYメールビーコン」機能の追加、新料金プラン「グループウェア固定プラン」の提供を開始する。

 「GRIDYメールビーコン」機能は「KDDI Knowledge Suite」のSFA(営業支援情報システム)に登録された顧客情報を、業種や従業員数などの設定条件でセグメント化し、そのセグメントごとにメールを一斉配信できる機能。さらに、メールを受信したユーザーがメール本文内のURLをクリックすると営業担当者へ通知が届く。利用料金は、従量料金制でメール1通当たり4.2円(税込)。ユニークアドレス単位の料金プランは別途申し込みが必要。

 「グループウェア固定プラン」は、大容量でのグループウェア利用を希望するユーザー向けの新プラン。サービス契約時に利用容量を先に追加契約しておくことで、1GB当たりの単価が安価になるプランとなっている。料金は基本料6,300円(税込)で、3GBまで利用可能。容量追加は単価 1GB当たり1,575円(税込)、契約途中での容量追加は1GB当たり2,100円(税込)となる。「KDDI Knowledge Suite」をすでに利用している場合、4月1日からのプラン変更が可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top