日本エイサー、「手塚治虫マンガ」が読めるタブレットを販売開始……体験型特設サイトも開設 | RBB TODAY

日本エイサー、「手塚治虫マンガ」が読めるタブレットを販売開始……体験型特設サイトも開設

IT・デジタル モバイル

「ICONIA TAB A100」
  • 「ICONIA TAB A100」
  • 特設サイトのトップページ
  • 特設サイトで公開される体験版の手塚マンガのイメージ
  • 特設サイトで公開を予定している体験版の手塚マンガタイトル一覧
 日本エイサーは18日、電子コミックを読むのに適した「マンガロイド」をうたう7型タッチ液晶Androidタブレット「ICONIA TAB A100」を順次販売開始。価格はオープンで、予想実売価格は37,800円前後。特設サイトも開設している。

 「ICONIA TAB A100」に関しては9月に製品発表し、10月25日からは店頭予約を受付し始めていた。販売開始は本日から順次行なわれる。

 幅117×高さ13.1×奥行き195mmの漫画本並みサイズのボディに7型タッチ液晶(1,024×600ピクセル)ディスプレイを搭載。「手塚治虫マガジン倶楽部」アプリをプリインストールし、「手塚治虫マガジン倶楽部」サービス(会員制で月額1,050円)を利用することで、手塚治虫全集400巻を閲覧できるのが大きな特長となる。「ICONIA TAB A100」購入者で同会に入会すると、「手塚治虫マンガ」の体験版を48時間無料で購読できる特別会員特典が付く。

 また、同社では特設サイトを開設。「週刊手塚治虫マガジン」のバックナンバーの一部を特別に公開し、「ICONIA TAB A100」の画面内でマンガを読むような疑似体験ができるという。特別公開される漫画タイトルは毎週木曜日に更新され、現在は「鉄腕アトム」を公開し、24日は「リボンの騎士」、12月1日には「火の鳥」を公開開始予定となっている。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top