リコー、被写体のどこをズームしているか確認できる機能付き光学10.7倍デジカメ「CX6」 | RBB TODAY

リコー、被写体のどこをズームしているか確認できる機能付き光学10.7倍デジカメ「CX6」

IT・デジタル デジカメ

「CX6」ブラック
  • 「CX6」ブラック
  • シルバー
  • ピンク
 リコーは15日、新AFシステムと光学10.7倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CX6」を発表した。販売開始は12月3日。価格はオープンで、予想実売価格は45,000円前後。

 「CX6」は、2月発売の「CX5」から機能を強化した同社製コンパクトデジタルカメラ「CX」シリーズの新モデル。「CX5」で採用した同社独自開発のハイブリッドAFシステムを進化させ、広角28mmと望遠300mmの両方でAF合焦最短時間を0.2秒(CX5)から0.1秒(CX6)に高速化した。また、連写メニューに「AF連写」を追加し、毎秒最大3コマの連写スピードでのピント合わせを可能とした。

 さらに大きな特長として、液晶ディスプレイに「ズームアシストモニター機能」を新搭載。93mm以上にズームすると、ディスプレイ内に85mm相当の小画面を同時に表示。被写体のどこをズームしているかのフレーミングが確認しやすくなるという。

 そのほかの特長として、超解像技術やノイズリダクション機能による表現領域の広い高画質撮影が可能。モードダイヤルに「絞り/シャッタースピード優先(A/S)モード」を、「クリエイティブ撮影モード」に彩度を抑えた「ブリーチ バイパス」を追加した。

 有効画素数は1,000万画素、撮像素子は裏面照射型の1/2.3型CMOSセンサー。焦点距離は35mm判換算で28~300mm。内蔵メモリは約40MB、外部対応メディアはSD/SDHCカード(最大32GB)で、無線LAN機能を備えたSDカード「Eye-Fiカード」(X2シリーズ)も利用できる。保存形式は静止画がJPEG、動画がAVI(Motion JPEG形式/1,280×720ピクセル)。

 ディスプレイは3型液晶。インターフェースはUSB2.0/HDMIマイクロ/AVなど。本体カラーはブラック/シルバー/ピンクの3色。本体サイズは幅103.9×高さ58.9×奥行き28.5mm(最薄部23.1mm)、重さは約201g(バッテリ/SDカード含む)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top