UQ WiMAX、上り速度が最大10Mbpsから15.4Mbpsに向上 | RBB TODAY

UQ WiMAX、上り速度が最大10Mbpsから15.4Mbpsに向上

ブロードバンド 回線・サービス

WiMAXで採用している変調方式
  • WiMAXで採用している変調方式
  • アップリンク高速化のメリット
 UQコミュニケーションズは14日、WiMAX(ワイマックス)のアップリンク(上り)の変調方式として、新たに「64QAM」を導入し、12月中に最大速度を15.4Mbpsに高速化することを発表した。

 これまで、WiMAX機器からネットワークに向けてデータを送信するアップリンク(上り)は、最大速度10Mbpsとなっていた。「64QAM」は、速度重視の変調方式で、電波にデータを乗せて送受信する際、最適な電気信号に変換する操作を行う。電波環境に合わせて、通信の安定化と速度を考慮したリソース配分を行い、最高のパフォーマンスを発揮できる変調方式が自動的に適用される。

 なお、今回のアップリンク速度向上に対応するWiMAX機器については現時点で未定だが、後日、対応機種一覧がUQホームページに掲載される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top