ティアック、USB DAC/ステレオプリメインアンプと別売Dockステーション…iPad/iPhoneに対応 | RBB TODAY

ティアック、USB DAC/ステレオプリメインアンプと別売Dockステーション…iPad/iPhoneに対応

IT・デジタル その他

A-H01正面
  • A-H01正面
  • A-H01側面
  • A-H01背面
  • A-H01リモコン
  • DS-H01正面
  • DS-H01背面
  • DS-H01リモコン
 ティアックは、USB DAC/ステレオプリメインアンプ「A-H01」と、iPad/iPhone/iPod用ドッキングステーション「DS-H01」を発表した。価格はオープンで、販売開始/市場想定価格は前者が11月下旬/45,000円前後、後者が12月下旬/30,000円前後。

■USB DAC/ステレオプリメインアンプ「A-H01」

 「A-H01」は、デジタル/アナログ信号を変換するUSB D/Aコンバーターとステレオプリメインアンプを一体化させたもの。「Reference 01」シリーズの製品となる。

 パワーアンプ部に採用されたクラスDアンプ「50ASX2-SEパワーアンプ」は、「Bang & Olufsen(B&O)」の子会社でアンプに関する特許技術を有するデンマーク「Bang & Olufsen ICEpower」社製。HCOM(Hybrid feedback Controlled Oscillating Modulator)とMECC(Multivariable Enhanced Cascade Control)という2つの独自技術を用いており、出力は40W×2(4オーム)。また、D/Aコンバージョン部として採用された「BurrBrown PCM5102」では、32bit/192kHzのデジタル信号までのコンバージョンに対応する。

 インターフェイスとしてRCAピンジャック(アナログ入力2系統)/COAXIAL/OPTICAL デジタル入力/USBなどを装備。USBケーブルでフルデジタル接続が可能となり、パソコン接続すればPCオーディオのアンプとしても使用できる。ドライバー対応OSはWindows 7/ Vista/XP(32bit版のみ)/Mac OS X 10.6.4(Snow Leopard/Lion)以降。

 その他のスペックとして、USBオーディオ入力はHigh-Speed。USB転送モードはアシンクロナス・モード(非同期モード)。周波数特性は10Hz~80kHz-3dB。本体サイズは幅215×奥行き258×高さ61mm、重さ1.6kg。付属品としてリモコンなど。

■iPhone/iPad/iPod用のデジタルドッキングステーション「DS-H01」

 「DS-H01」は、iPad/iPhone/iPod用のデジタルドッキングステーション。Dock接続により、iPhone/iPad/iPodからの同軸/光デジタル出力を可能にする。本体には「A-H01」など「Reference 01」シリーズと同じ躯体を使用した。また、iPhone/iPad/iPodへの充電に加え、パソコンとUSB接続すればパソコン側の「iTunes」と同期できる。

 D/Aコンバーター「BurrBrown PCM1796 DAC」を搭載しており、単体でD/A コンバーターとして使用可能。24bit/192kHzのデジタル信号までのコンバージョンに対応する。インターフェイスはRCA ピンジャックなど。映像出力端子からiPhone/iPad/iPodのビデオ出力も可能。

 リモコンが付属し、「A-H01」と組み合わせて使用する場合はいずれかのリモコンを2台共通とすることができる。また、本体サイズがほぼ同一のため、同製品を上に「A-H01」を下に積み重ねても使用可能。

 その他のスペックとして、出力インピーダンスは600オーム以下(RCA)。最大出力は2.0Vrms(1kHz、フルスケール、10kオーム負荷時)。周波数特性は20Hz~20kHz(-3dB)。本体サイズは幅215×奥行き225×高さ70mm、重さ約1.1kg。
《》

関連ニュース

特集

page top