今冬の節電傾向を受け、「肌トラブル」への心配も増加……1位は「手の乾燥」 | RBB TODAY

今冬の節電傾向を受け、「肌トラブル」への心配も増加……1位は「手の乾燥」

エンタメ 調査

今冬、心配な肌トラブルをすべて教えてください(N=493)
  • 今冬、心配な肌トラブルをすべて教えてください(N=493)
  • これから、冬に心配な肌トラブルの予防として行いたいケアをすべて教えてください(N=461)
  • 今夏・今冬の節電意向
  • 節電の冬となる今冬、肌トラブルを心配していますか?(N=718)
  • “今冬だから”気になる肌トラブルの要因はありますか?(N=493)
  • “今冬だから”気になる肌トラブルの要因をすべて教えてください(N=79)
  • この冬、心配な肌トラブルの予防としてケアを始めていますか?(N=493)
 「ヒビケア」「ムヒソフト」などを販売する池田模範堂は19日、「冬の肌トラブルに関する意識調査」の結果を公表した。調査期間は10月4日~5日で20代~50代の女性806人から回答を得た(20代:13.4%、30代:37.0%、40代:33.0%、50代:16.6%)。

 震災に起因する電力不足と、節電への意識の高まりは現在も続いている。暖房器具の使用が増える冬も節電は必須と見られるが、暖房器具や加湿器の使用控えが肌トラブルの一因になるのでは、と心配する女性も多い。実際、今夏の自宅での節電について、「できるものはすべてした(28.3%)」「少しだけした(61.5%)」と、合計89.8%の人が節電をしたと回答。今冬の自宅での節電についても、「できるものはすべてする(28.4%)」「少しだけする(60.7%)」と、合計89.1%の大多数が、節電意向があることも判明した。

 これら節電意向者のうち、17.5%が今冬の肌トラブルを「とても心配している」としており、51.1%が「少し心配している」と回答。合計68.7%もの人が「心配している」となった。“今冬だから“気になる要因としては、「節電による暖房器具の使用控え(46.8%)」「節電による加湿器使用控え(45.6%)」が上位となっており、“節電はしたいが寒さと乾燥が心配”という本音が見られた。

 今年の冬、心配な肌トラブルの1位となったのは、「手の乾燥(67.5%)」。2位以降は、「かかとの割れ・荒れ(49.5%)」「腕や脚の乾燥(43.4%)」「ひび・あかぎれ(42.2%)」の順。肌トラブルの予防としてケアを「始めている」としたのは『心配している』人の38.7%。「始めていない」としたのは61.3%だったものの、今後の予防意向者は、ケアしたいと「とても思う(18.2%)」「少し思う(71.2%)」の合計89.4%と多数の結果となった。ただし、心配をしつつも予防したいと「思わない」人も10.6%いた。

 予防者と予防意向者が、現在行っているケアまたは今後行いたいケアでは「保湿用クリームを塗る(89.4%)」が1位。2位は「水気はすぐに拭き取る(24.3%)」、3位は「お湯を利用するときはぬるめに設定する(23.9%)」という順になっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top