NEC、KDDI向けLTE無線基地局装置の出荷を開始 | RBB TODAY

NEC、KDDI向けLTE無線基地局装置の出荷を開始

ブロードバンド テクノロジー

KDDI向けLTE無線基地局装置のRRH(Remote Radio Head)
  • KDDI向けLTE無線基地局装置のRRH(Remote Radio Head)
  • KDDI向けLTE無線基地局装置のBBU(Base Band Unit)
 日本電気(NEC)は7日、KDDIが2012年12月に開始予定の次世代移動通信規格LTEの商用サービス向けに、無線基地局装置の出荷を開始したことを発表した。NECは、2009年8月にKDDIのLTE無線基地局装置の開発・製造ベンダーに選定されている。

 今回出荷を開始した基地局装置は、通信範囲の異なる基地局が混在する環境で、自律的にネットワークの最適化を行い、高い通信品質を実現する「SON」(Self Organizing Network)などの最新技術を採用。効率的な構築・運用が可能となっている。生産拠点は、NECネットワークプロダクツの福島工場となっている。

 今回出荷を開始したLTE基地局は、KDDIが埼玉県さいたま市および宮崎県日南市において実施している、商用サービスと同様の周波数帯(1.5GHzと800MHz帯)を使ったフィールド実証試験においても利用されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top