富士フイルム、マニュアルズーム・光学ファインダー搭載の高級コンパクトデジカメ | RBB TODAY

富士フイルム、マニュアルズーム・光学ファインダー搭載の高級コンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「FUJIFILM X10」
  • 「FUJIFILM X10」
  • 背面
  • 天面
  • マニュアルズームレンズの詳細
 富士フイルムは、高級コンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100」(3月発売)に続く「X」シリーズ第2弾の「FUJIFILM X10」を発表した。販売開始は10月22日。価格はオープンで、予想実売価格は70,000円前後。

 「FUJIFILM X10」は、35mm判換算28~112mm相当の光学4倍となるマニュアルのズームを搭載。2.8型液晶ディスプレイのほかに光学ビューファインダーを装備し、ファインダーはマニュアルズームに連動。ファインダーをのぞきながらズーム効果を確認しつつ撮影が可能となっている。また、ファインダーの使用でバッテリを長持ちさせ、液晶表示時の撮影枚数が約270枚であるところを、ファインダー使用時では約640枚とした。

 ズームレンズには、放送用テレビレンズとして利用されている高精細スーパーEBCフジノンレンズを採用し、非球面レンズ3枚(6面)とEDレンズ2枚を含めて9群11枚で構成。開放値は広角で2.0、望遠で2.8という明るさを確保した。

 撮像素子は新開発の2/3型1,200万画素のEXR CMOSセンサーを搭載。同社独自のEXR技術の採用により、1つのセンサーを「高感度・低ノイズ優先」「ダイナミックレンジ優先」「高解像度優先シーン」の3つの撮像方式から切り替えて撮影できる。また、高速読み出し対応のEXR CMOSセンサーと、高速処理が可能なEXRプロセッサーを組み合わせることで、フル画素(Lサイズ)で約7コマ/秒、600万画素(Mサイズ)で約10コマ/秒にまで連写機能を高速化した。

 マニュアルズームを活用したフルHD動画撮影に対応。多彩な色調を選び撮影効果が楽しめる「フィルムシミュレーションモード」を備えた。継ぎ目のないパノラマ写真が撮影できる「ぐるっとパノラマ360」機能を装備。被写体の水平を確認できる電子水準器や撮影画像の階調が確認できるヒストグラム表示、到達距離7mのマニュアルポップアップフラッシュを搭載する。

 記録形式は、静止画がJPEG/RAW(RAF独自フォーマット)/RAW+JPEG、動画がH.264規格準拠MOVでステレオ音声付き。内蔵メモリは約26MBでSD/SDHC/SDXCカードに対応。インターフェースはHDMI/USB2.0/ビデオ(NTSC/PAL方式モノラル音声付き)など。本体サイズは幅117×高さ69.6×奥行き56.8mm(レンズ含む/ファインダー部除く)、重さは約350g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はバッテリチャージャー/ショルダーストラップ/ストラップリング/ストラップリングカバー/専用マルチコネクタUSBケーブル/専用レンズキャップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top