パーソナルクラウド、満足度1位は「Google」……23%がアップル「iCloud」利用を検討中 | RBB TODAY

パーソナルクラウド、満足度1位は「Google」……23%がアップル「iCloud」利用を検討中

 ICT総研は4日、パーソナルクラウドサービスの利用意向に関する調査結果を公表した。インターネットユーザー5,600人を対象に実施したもの。

ブロードバンド ウェブ
パーソナルクラウドサービスの満足度(100点満点)
  • パーソナルクラウドサービスの満足度(100点満点)
  • iCloud全般としての利用意向
  • iCloudの各サービスの利用意向
  • パーソナルクラウドサービスの市場規模
 ICT総研は4日、パーソナルクラウドサービスの利用意向に関する調査結果を公表した。インターネットユーザー5,600人を対象に実施したもので、利用者比率は、Googleが16.4%、マイクロソフトWindows Live 14.2%、Evernote 6.3%、Dropbox 5.6%、アップルMobileMe 4.6%であった。

 パーソナルクラウドサービス利用者の満足度を見ると、Googleの無料版クラウド利用者は68.1ポイント(100点満点)、有料版クラウド利用者も60.1ポイントともっとも高い満足度を示した。オンラインストレージサービスを提供するDropbox無料版の満足度は、63.3ポイントとGoogleに次いで2位。ただし、Dropbox有料版の満足度は52.9ポイントで無料版に比べて5位と、かなり低い結果となった。

 この他、メールサービスHotmailやストレージサービスSkyDriveを提供するマイクロソフトのWindows Live無料版の満足度は62.9ポイント、Evernote無料版は57.1ポイントという結果だった。アップルのMobile Meは有料版サービスしかなく満足度は53.7ポイントにとどまった。

 アップルはMobile Meのパーソナルクラウドサービスを全面的に刷新し、iPhone、iPad、パソコンなど複数の端末で同時にコンテンツを管理できる「iCloud」を開始する予定となっている。iCloudについて「有料サービスの利用を検討している」としたのは2.6%、「無料版サービスの利用を検討している」20.1%で、あわせて23%と高い数値を示した。

 なお2010年度末(2011年3月末)のパーソナルクラウドサービス利用者は1,472万人、そのうち有料サービス利用者は232万人とのこと。2011年度の利用者総数は33%増の1,965万人、2015年度には2010年度比3.8倍の5,601万人に達する見通しだ。利用者の増加にともない、有料サービスの市場規模も大幅に拡大する。2010年度は126億円だが、2011年度に194億円、2015年度には574億円に達するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top