新世代M2Mコンソーシアム、CEATECに動態展示……「農業モニタリング」「電力可視化」の2つを紹介 | RBB TODAY

新世代M2Mコンソーシアム、CEATECに動態展示……「農業モニタリング」「電力可視化」の2つを紹介

 新世代M2Mコンソーシアムは3日、「CEATEC JAPAN 2011」に、17企業1大学が連携した相互接続性の実証について動態展示することを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
展示内容の概要
  • 展示内容の概要
  • 「新世代M2Mコンソーシアム」ロゴ
 新世代M2Mコンソーシアムは3日、「CEATEC JAPAN 2011」に、17企業1大学が連携した相互接続性の実証について動態展示することを発表した。

 新世代M2Mコンソーシアムでは、通信とITを用いた技術やサービスの発展による、便利で安全なM2M(Machine to Machine)ネットワーク社会の実現を目指し、「相互接続性」(Interoperability)について検討を進めている。10月4日より開催されるCEATEC JAPAN 2011には、『Smart M2M Connectivity』(新たなICT社会を実現するためのM2M)をテーマとして、同一種の複数のデバイス・ゲートウェイをプラットフォームに接続するInteroperabilityを動態展示する。具体的には「農業モニタリング」「電力可視化」の2つのM2Mサービスの実現について紹介するとのこと。

 動態展示へは、NECエンジニアリング、NTTファシリティーズ、コヴィア、トーメンエレクトロニクス、日本オラクル、日本電気、日立製作所、富士通、プロフェッショナル・ネットワークス、マクニカ、東京大学などの企業・団体が参加する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top