ナナオ、ユーザーの疲れ目抑制の各種機能や省エネ性能を備えた液晶ディスプレイを2機種 | RBB TODAY

ナナオ、ユーザーの疲れ目抑制の各種機能や省エネ性能を備えた液晶ディスプレイを2機種

IT・デジタル 周辺機器

23型「FlexScan EV2315W」
  • 23型「FlexScan EV2315W」
  • 23型「FlexScan EV2315W」昇降やピボット回転のイメージ
  • 21.5型「FlexScan EV2116W」ブラック
  • 21.5型「FlexScan EV2116W」セレーングレイ
 ナナオは、LEDバックライト付きフルHD対応液晶ディスプレイの2機種を発表した。販売開始は11月4日。価格はオープンで、同社直販サイト価格は、23型「FlexScan EV2315W」が37,800円、21.5型「FlexScan EV2116W」が29,800円。

 両機種は、画面の輝度を自動調整する機能として、周囲の明るさに応じた「Auto EcoView」や表示コンテンツの明るさ(白レベル)の変化を加味した「EcoView Optimizer」を搭載。また、紙の見え方に近い色味とコントラストに調整できる「Paperモード」を装備する。さらに、添付ソフトを使い輝度とコントラストを抑制するフィルタパターンを選択・調整し、目に優しい表示を行なう「EyeCareFilter」を利用可能。ユーザーの疲れ目を抑制する各種機能を備えた。

 これらの機能は省エネ性にも貢献し、加えて、エネルギー効率の高いLEDをバックライトに採用。表示輝度に応じた省電力の度合いを確認できる「EcoView Index」も装備する。21.5型「FlexScan EV2116W」については「EcoView Sense」機能を搭載し、人感センサーでユーザーの離着席を検知し、自動的にディスプレイのパワーセーブと復帰を行なう。

 両機種に共通のおもな仕様として、視野角は上下160度/左右170度、輝度は250cd/m2、コントラスト比は1,000:1、応答速度は黒白黒で5ms。500mWのモノラルスピーカーを内蔵する。

 23型「FlexScan EV2315W」は、上30度のチルトのほか、165(最大可動195)mmの昇降、左右各172度のスイーベル、右回り90度のピボット回転に対応。インターフェースはDVI-D(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ×2。本体カラーはブラック/グレイブラック。スタンドを含む本体サイズは幅547×360~518×245.5mm、重さは約6.2kg。付属品は2芯アダプタ付き電源コード/オーディオケーブルなど。

 21.5型「FlexScan EV2116W」は、上30度のチルトに対応。インターフェースはHDMI(HDCP対応)/DVI-D(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ×2。本体カラーはブラック/セレーングレイ。スタンドを含む本体サイズは幅508×373.5×157mm、重さは約5kg。付属品は2芯アダプタ付き電源コード/オーディオケーブル/VESAマウント取り付け用ネジなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top