静岡県、災害情報の広域連携システムにセールスフォースのクラウド採用 | RBB TODAY

静岡県、災害情報の広域連携システムにセールスフォースのクラウド採用

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

静岡県サイト(画像)
  • 静岡県サイト(画像)
  • 「Force.com」サイト(画像)
 セールスフォース・ドットコムは27日、同社のクラウドプラットフォームを活用し、静岡県が「新災害情報システム SAVERS」(災害時等広域連携システム)を構築したことを発表した。新システムは7月より稼働しているとのこと。

 静岡県では、防災を中心に、救出、救護を重視した広域連携での災害情報の集約、分析、情報提供を行う情報システムを刷新した。クラウドサービスは耐災性が強く、県庁が被災した場合でもシステムの保全性に優れているのが利点だとしている。セールスフォース・ドットコムの「Force.com」で構築した「防災情報共有システム」を中核に、GIS(地理情報システム)、気象庁防災情報XMLフォーマット、携帯電話のエリアメールなどと連携した内容とのこと。被災者の生存率の鍵となる災害発生後72時間の救命・救助活動に最重要と考えられる道路、ヘリポート、避難所、救護所に関する情報を、携帯電話から文字、GPS、写真などを付加して送信することが可能。

 静岡県危機管理部では「防災は臨機応変が基本です。災害時に人がシステムに合わせることはできません。クラウドでは明日にでもすぐに画面変更が対応できます。システムのほうを対応させることが可能になりました」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top