グラドル永瀬麻帆が芸能界引退「芸能界にいるのが想像できなくなった」 | RBB TODAY

グラドル永瀬麻帆が芸能界引退「芸能界にいるのが想像できなくなった」

エンタメ ブログ

永瀬麻帆オフィシャルブログ
  • 永瀬麻帆オフィシャルブログ
  • 永瀬麻帆からの引退報告(一部)
 グラビアアイドル永瀬麻帆が、芸能界を引退することをブログで発表している。

 永瀬は2004年(当時12歳)にファースト写真集&DVD「White berry Vol.2」「White berry 02」をリリースし、“ジュニアアイドル”として活躍。その後もテレビやラジオ、舞台などで活躍してきた。今春に公開された映画「ナナとカオル」では主演も演じた。

 「ナナとカオルが公開したら、引退しようって心のどこかで決めていました」という永瀬は、20日付のブログで引退を発表。「これからも芸能界にいるのが、想像できなくなっていました」と引退の理由をつづり、「中学生の頃から何年間もグラビアアイドルとして活動させてもらって(中略)たくさん素敵な人たちに出会いました。愛情いっぱいに接してくれるみんなが大好きでした。これからも大好きです」と、関係者やファンに感謝の気持ちつづっている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top