パナソニック、国内旅行に特化したPND「旅ナビ」の新モデル | RBB TODAY

パナソニック、国内旅行に特化したPND「旅ナビ」の新モデル

IT・デジタル モバイル

CN-MH01L使用イメージ
  • CN-MH01L使用イメージ
  • CN-MH01L
 パナソニックは20日、ポータブルSDトラベルナビゲーション(PND)「旅ナビ」の新製品として「CN-MH01L」を発表した。販売開始は11月中旬。価格はオープンで、希望小売価格は43,000円前後。

 同製品は、昨年販売を開始した「CN-SG500」の後継モデル。従来機との比較で約38%小型化させ、厚さ14mm、重さ170gとした。4.3V型ワイド静電式タッチパネル(LEDバックライト)を搭載し、手になじむ丸みを帯びたエッジのあるデザインを採用。右手/左手持ちのいずれでも対応できるよう、メニュー画面に右手用/左手用を用意している。

 200万画素のカメラ機能を搭載し、通常撮影とマクロモード撮影が可能。雑誌や広告などのスポット情報をマクロモードで読み取り、「MYガイドブック」として保存できる。さらに、カメラ機能とGPS機能の組み合わせにより、目についた施設に対してシャッターを切ると、付近にある施設のガイドブック情報を画面上に表示する。

 GPS機能により現在地を地図上での確認できるほか、ナビゲーション機能ではルートの進行方向を実際の情景写真上に表示する「街並みスコープ」を搭載した。また、歩行中に周辺のおすすめスポットを知らせる「寄り道コンシェルジュ」や、任意のタイミングで検索できる「周辺検索」も機能も搭載し、街歩きでの活用を想定している。

 使用可能データは、ガイドブック「タビハナ」の情報33冊分(約7,800件)と地図情報、約120冊分の「るるぶDATA」(全国約36,000件の施設情報)など。スポットに「付箋」をつけることができ、旅行プランを立てる際にも活用できる。市販のmicroSD(2GBまで)/microSDHCカード(32GBまで)を使えば、「付箋」をつけたスポットや「MYガイドブック」などから訪問先をピックアップしてのオリジナルプランも作成できる。

 同社Web直販サイト経由でのガイドブックデータ購入でデータの追加更新/拡充に対応。11月から「旅ガール」シリーズ(枻出版社)、「京都のおやつ」「京都のごはん」(京阪神エルマガジン社)のデータを販売予定としている。さらに、PC連携専用の無料アプリ「おでかけ工房」により、ガイドブックの管理や同製品で撮影した画像、ユーザー専用サイト「おでかけ旅ガイド」で取得した地点情報の一括管理も可能。

 不使用時は自動的にオフとなる「省電力モード」を採用。最大で約9時間のバッテリ連続使用が可能となる。また、オプションの車載キット(希望小売価格10,500円前後)により、カーナビゲーションとしても使用できる。

 メモリ容量は8GB。内蔵カメラの撮像素子は1/4インチCMOSイメージセンサ(総画素数217万画素RGBカラーフィルター付き)、撮影可能範囲は通常モードが60cm~∞、マクロモードが約10cm。連続使用可能時間はナビゲーションが約4時間、同「省電力モード」使用時が約9時間。本体サイズは幅78×高さ137×厚み14mm、重さ170g。
《》

関連ニュース

特集

page top