ドコモ、データ通信専用プリペイドプランを提供開始……「PlayStation Vita」から対応開始 | RBB TODAY

ドコモ、データ通信専用プリペイドプランを提供開始……「PlayStation Vita」から対応開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「PlayStation Vita(3G/Wi-Fiモデル)」
  • 「PlayStation Vita(3G/Wi-Fiモデル)」
  • データ通信専用プリペイドプランの概要
  • 更新手続きの猶予期間について
 NTTドコモは14日、あらかじめ料金を支払うことで、一定の間、3G通信が利用できる「データ通信専用プリペイドプラン」を発表した。12月17日より提供を開始。SCEから同日に発売される「PlayStation Vita(3G/Wi-Fiモデル)」から対応を開始する。

 データ通信専用プリペイドプランでは、「プリペイドデータプラン 20h」と「プリペイドデータプラン 100h」の2つのプランが提供される。「プリペイドデータプラン 20h」は、あらかじめ980円を支払うことで、30日間に20時間の3G通信(受信時最大128kbps/送信時最大64kbps)が利用できるプラン。「プリペイドデータプラン 100h」は、4,980円で、180日間に103時間の3G通信が利用できるプランとなる。なお、103時間のうち3時間は、受信時最大14Mbps/送信時最大5.7Mbps(FOMAハイスピード)のより高速な3G通信が利用可能。

 対応端末の第1弾は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売する次世代携帯ゲーム機「PlayStation Vita(3G/Wi-Fiモデル)」となる。「PlayStation Vita(3G/Wi-Fiモデル)」には、SCEによるキャンペーンとしてあらかじめ3G通信可能なドコモUIMカードが同梱されており、購入後すぐに3G通信を利用したゲームが一定時間(20時間または103時間)プレイ可能となる。

 プランの更新は、一定期間内に、ドコモの専用WEBサイトにアクセスすることで、手続き可能(別途、契約事務手数料2,100円が必要)。「プリペイドデータプラン 20h」は、44日以内(通信ご利用期間30日+更新猶予期間14日)、「プリペイドデータプラン 100h」は、194日以内(通信ご利用期間180日+更新猶予期間14日)となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top