ソニー、新型「WALKMAN」としてAndroid搭載のZシリーズを発表 | RBB TODAY

ソニー、新型「WALKMAN」としてAndroid搭載のZシリーズを発表

IT・デジタル モバイル

WALKMAN Zシリーズ(ブラック)
  • WALKMAN Zシリーズ(ブラック)
  • WALKMAN Zシリーズ(レッド)
  • WALKMAN Zシリーズ(ブラック)
  • WALKMAN Zシリーズ(レッド)
 ソニーは13日、携帯音楽プレーヤー「WALKMAN」の新型としてAndroid 2.3搭載のタッチパネル操作式「Zシリーズ」を発表した。販売開始は12月10日。

 市場推定価格は64GBの「NW-Z1070」が43,000円前後、32GBの「NW-Z1060が33,000円前後、16GBの「NW-Z1050」が28,000円前後。また、Zシリーズ専用ヘッドホン「MDR-NWNC200」は18,000円。

 同シリーズは、「WALKMAN」のフラッグシップモデルとして位置づけられたAndroid搭載モデル。音質に対するこだわりをこれまで以上に深め、同社独自のフルデジタルアンプをモバイル機器向けに最適化した「S-Master M」など6種類の「クリアオーディオテクノロジー」を搭載した。これにより「WALKMAN」史上最高の音質を実現したとうたう。

 また、付属ヘッドホン/オプションのノイズキャンセリング機能搭載「WALKMAN」専用ヘッドホン「MDR-NWNC33」「MDR-NWNC200」と組み合わせれば、周囲のノイズを98%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を使用できる。

 ディスプレイは4.3型WVCA液晶(480×800ピクセル)、プロセッサーはデュアルコアのNVIDIAのTegra 2モバイルプロセッサー(1GHz)を採用。ウェブブラウジングの高速化やフルHDビデオの再生などを可能にしたとしている。

 無線LAN機能とAndroidの搭載により、検索/Gmail/トーク/グーグルマップ/YouTubeなどの各種グーグルサービスや「Android マーケット」も利用可能。アルバムのジャケット写真で直感的に選曲できるアプリ「W.ミュージック」やおすすめアプリへアクセスできる「Select App」などを搭載する。

 本体フォルムデザインには、ゆるやかな曲線を描く「Inflection Surface Form」を採用。また、本体横の「W.」ボタンを押せば、「W.コントロール」上で即時の再生/停止/曲送り/曲戻しの操作が可能となる。

 DLNA対応機器との接続も可能となり、本体に保存されたコンテンツをDLNA対応機器で再生できる。このほか、Bluetooth接続やテレビなどへのHDMI出力(HDMIマイクロプラグ用接続ケーブルが必要)のほか、同社製Blu-rayディスクプレーヤー/液晶テレビ「ブラビア」の「おでかけ転送」に対応する。

 その他のスペックとして、メインメモリーは512GB。 無線LANはIEEE 802.11b/g/n。BluetoothはVer 2.1+EDR。GPS /E-Compass/Gセンサー/FMラジオ /内蔵スピーカー搭載。対応OSはWindows 7 Home Premium/7 Professional/7 Ultimate/7 Starter/Vista Home Basic(SP1以降)/Vista Home Premium(SP1以降)/Vista Business(SP1以降)/Vista Ultimate (SP1以降)/XP Home Edition(SP3以降)/XP Professional(SP3以降)。Vista/ 7の互換モードには非対応。

 充電池持続時間は音楽が最大約20時間、動画が最大約5時間。最大本体サイズは幅約70.9×奥行き11.1×高さ134.4mm、重さ156g。
《》

関連ニュース

特集

page top