ノベル、「PlateSpin」データセンター運用/仮想化管理製品群の最新版を発表 | RBB TODAY

ノベル、「PlateSpin」データセンター運用/仮想化管理製品群の最新版を発表

エンタープライズ ハードウェア

PlateSpin ForgeのWebベースの管理インタフェース
  • PlateSpin ForgeのWebベースの管理インタフェース
  • PlateSpin Migrateは、幅広いマルチプラットフォームをサポートしさまざまな方向で移行が可能
 ノベルは7日、同社のデータセンター運用/仮想化管理製品群「PlateSpin(プレートスピン)」の最新版を発表した。

 PlateSpinは、混在環境のデータセンターに向けたソリューションを提供する製品群。物理マシンおよび仮想ホスト上のサーバ・ワークロードを、プロファイリング、移行、保護および管理できる。最新版となるのは、ディザスタリカバリ/バックアップ向けハードウェアアプライアンス「PlateSpin Forge 3.1」、仮想化移行ソリューション「PlateSpin Migrate 9.1」、ディザスタリカバリ/バックアップソリューション「PlateSpin Protect 10.1」の3点。PlateSpin Forgeは、物理/仮想サーバ保護のためのハードウェアアプライアンス。PlateSpin Migrateは、物理サーバや仮想ホスト、イメージアーカイブ間で、ネットワークを介したサーバ・ワークロードの移行を自動化するソリューション。PlateSpin Protectは、データセンター内で、単一の制御ポイントから仮想/物理サーバを迅速にリカバリする機能を備えたソリューションとなる。

 最新版では、ユーザーが設定可能な帯域幅制限機能を搭載。これにより、PlateSpinMigrate 9.1による移行作業、およびPlateSpin Forge 3.1、PlateSpin Protect 10.1によるレプリケーション作業の際に使用されるネットワークリソースの量を制御できる。また、圧縮機能もワークロード単位で指定可能になり、ネットワーク上で送信されるデータ量を削減し、帯域幅の使用状況を制御できるようになった。またネットワークアドレス変換(NAT)環境のサポートにより、各ソリューションを利用して他の処理への影響を大幅に抑制した方法で、NAT環境内のワークロードを保護できる。

 また従来の物理/仮想インフラ上のサポートOSに、今回の新版より新たにSUSE Linux Enterprise Server 9、Novell Open Enterprise Server 2、Oracle Enterprise Linux 5.3/5.4のサポートが追加された。また各最新版で、VMware ESXハイパーバイザのシン プロビジョニング機能が活用可能となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top