日立とノベル、指静脈認証を活用した認証管理システムを共同開発 | RBB TODAY

日立とノベル、指静脈認証を活用した認証管理システムを共同開発

日立製作所とノベルは13日、日立の指静脈認証管理システムとノベルのアクセス管理製品「Novell Access Manager」を連携した「指静脈-Novell Access Manager連携システム」を共同開発したことを発表した。10月14日より日立が販売を開始、11月25日より提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「指静脈-Novell Access Manager連携システム」概要図
  • 「指静脈-Novell Access Manager連携システム」概要図
  • 日立の「統合ID認証ソリューション」について
日立製作所とノベルは13日、日立の指静脈認証管理システムとノベルのアクセス管理製品「Novell Access Manager」を連携した「指静脈-Novell Access Manager連携システム」を共同開発したことを発表した。10月14日より日立が販売を開始、11月25日より提供を開始する。

 日立の指静脈認証技術は、指に近赤外線を透過させて、静脈画像を撮影する透過光方式が採用されており、形状が複雑な細かい静脈まで取得が可能となっている。また直接センサー部に触れることなく認証可能。さらに、装置もコンパクトで、ATMの本人認証、PCログインや入退室管理のほかにも、将来的には自動車使用時の本人確認にも応用が期待されている。一方「Novell Access Manager」は、異なるセキュリティレベルやパスワードを設定した複数のシステムを対象とした統合認証基盤だ。異機種混在環境でのシングルサインオン機能を備え、一元化されたシンプルなアクセス管理を実現している。

 今回共同で開発された「指静脈-Novell Access Manager連携システム」は、ID/パスワードの盗難・流出によるなりすましを防ぐ日立の指静脈認証管理システムとの連携により、本人確認を行うシステムとなっている。同システムを活用することで、企業は、内部統制対策やアクセスの一元管理に関わる情報システムの運用コストを削減できるようになる見込みだ。

今回日立は、「指静脈-Novell Access Manager連携システム」を、日立の「統合ID認証ソリューション」のラインアップに追加し、金融機関、官公庁・自治体、製造・流通業などに向けて拡販していくとのこと。さらに日立は、今回連携した「Novell Access Manager」のほかノベルのアイデンティティ管理製品「Novell Identity Manager」を活用したシステムの開発など、今後ソリューションを拡充していく。

ノベルは、「指静脈-Novell Access Manager連携システム」を含む日立の「統合ID認証ソリューション」の拡販を、展示会やセミナーなど日立との共同でマーケティングやプロモーション活動を通じ、積極的に支援していく。また、将来的には国内のみならず、ノベル社の海外パートナーとの連携により、「統合ID認証ソリューション」のグローバルでの展開を支援していくとしている。

なお、「指静脈-Novell Access Manager連携システム」は、東京国際フォーラム(東京・有楽町)で19日~20日に開催される「金融国際情報技術展FIT2011」において紹介される予定。また、ハーモニアス・コンピテンス・センター(東京・品川)において、11月30日に両社が共催する「統合ID認証ソリューション紹介セミナー」にも展示される予定。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top