LG、3D液晶ディスプレイ「CINEMA 3D」の大画面25型モデル | RBB TODAY

LG、3D液晶ディスプレイ「CINEMA 3D」の大画面25型モデル

IT・デジタル 周辺機器

「D2542P-PN」
  • 「D2542P-PN」
  • 付属の軽量3Dグラス(左:標準タイプ/右:クリップオンタイプ)
  • 「2D→3D変換」機能のイメージ
  • 「3D深度調整」機能のイメージ
 LGエレクトロニクス・ジャパンは、偏光方式3D対応の液晶ディスプレイ「CINEMA 3D」で新たに25型フルHD「D2542P-PN」を発表した。販売開始は9月上旬。価格はオープンで、予想実売価格は37,000円前後。

 「D2542P-PN」は、4月に発売された23型「D2342P-PN」、8月に発売された21.5型「D2242P-PN」の液晶サイズ違い。いずれも3D方式は偏光方式を採用し、3Dメガネのシャッター開閉がないことで3D再生時に生じるフリッカー(ちらつき)や、クロストーク(映像が二重にみえるようなぼやけ)を低減した。

 3Dソフト「TriDef」を同梱し、PCにインストールすることで3D視聴が可能。2D映像を3Dに変換して立体視できる「2D→3D変換」機能も装備(Blu-rayディスクの3D変換は不可)。「サイドバイサイド」や「トップアンドボトム」、「インターレース(ラインバイライン)」といった他の3D方式にも対応する。

 3Dグラスは軽量設計で16gの標準と8gのクリップオンの2種類を付属。暗くなりがちな3D映像を最適化する「3Dカラーエフェクト」機能を搭載するほか、輝度を250cd/m2としたことで3Dグラスを通しても明るい3D映像を楽しめるという。映像の奥行き感や飛び出し感を変えて目への負担を軽減する「3D深度調整」機能も備えた。

 解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応し、視野角は2D時で上下160/左右170度、3D時で上下80/左右12度、DFCコントラスト比は500万:1、通常コントラスト比は1,000:1、応答速度は5ms(GTG)、インターフェースはHDMI 1.4a/DVI-D(HDCP対応)/ミニD-sub15ピンなど。本体サイズは幅594.3×高さ433.5×奥行き179.3mm、重さは4.4kg。付属品は電源コード/ミニD-sub15ピン信号ケーブル/DVI-D信号ケーブル/3Dグラス×2(標準/クリップオン)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top