シャープ、「GALAPAGOS」OSをAndroid2.3に変更するソフトを急きょ提供開始 | RBB TODAY

シャープ、「GALAPAGOS」OSをAndroid2.3に変更するソフトを急きょ提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

左から EB-W51GJ(レッド系、シルバー系)、EB-WX1GJ(ブラック系)。画面はハメコミ合成
  • 左から EB-W51GJ(レッド系、シルバー系)、EB-WX1GJ(ブラック系)。画面はハメコミ合成
  • 「TSUTAYA GALAPAGOS」ロゴ
 シャープは11日15時より、電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」対応のメディアタブレット端末「GALAPAGOS」(EB-W51GJ、EB-WX1GJ)のOSを、Android 2.3に変更するシステムソフトの配信を開始した。

 当初は7月25日より配信を開始する予定だったが、「諸般の事情」により提供が延期されていた。

 システムソフトを適用することで、新たに、YouTubeや音楽再生などのGoogleアプリケーション(標準搭載)、「Androidマーケット」からダウンロードした汎用アプリケーションが利用可能となる。画面設定を切り替えれば、電源を入れてすぐに従来の電子ブックストアサービスを楽しめるほか、液晶テレビAQUOSとの連携機能である「AQUOSリモート」にも対応する。

 なお本システムソフトの適用により、専用アプリ「mixi for SH」「twit SH」、キーボードの手書き入力機能、PDFビューア機能など一部の機能が利用できなくなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top