古川宇宙飛行士、ISSで映画「はやぶさ/HAYABUSA」を鑑賞 | RBB TODAY

古川宇宙飛行士、ISSで映画「はやぶさ/HAYABUSA」を鑑賞

ブロードバンド その他

「キャストのみなさんの熱演も素晴らしかった」
  • 「キャストのみなさんの熱演も素晴らしかった」
  • ゲストとして、鶴見辰吾さん、しずちゃん、的川泰宣JAXA名誉教授がかけつけた。
  • 鶴見さんとしずちゃんはJAXAの職員や、宇宙飛行士たちのサインが並ぶ広大な宇宙が描かれたパネルにサイン
  • 古川聡宇宙飛行士がISSで鑑賞
 ISSに長期滞在中のJAXA宇宙飛行士 古川聡さんが、10月1日に公開予定の映画「はやぶさ/HAYABUSA」を鑑賞。「様々なものがリアルに再現されていて驚いた」と感想をもらした。

 筑波宇宙センターからISSの古川さんのパソコンに9分間のダイジェスト映像を送ることで実現した。筑波宇宙センターにはゲストとして、本編中イオンエンジン開発責任者の國中均(くになかひとし)氏をモデルとした喜多役を演じた鶴見辰吾さん、あきらめない心でロンドン五輪のボクシング代表を目指すお笑い芸人のしずちゃん、的川泰宣JAXA名誉教授がかけつけた。

 古川さんは「こんにちは。JAXA宇宙飛行士の古川聡です。国際宇宙ステーションで映画『はやぶさ/HAYABUSA』の映像を拝見しました。竹内さん、西田さんをはじめ、キャストのみなさんの熱演も素晴らしかったですし、堤監督の演出では様々なものがリアルに再現されていて驚きました。私自身、宇宙に向けた12年間の訓練で、7年間もかけて目的を達成したはやぶさには勇気づけられました。この国際宇宙ステーションの中でこの映像を観られたことが非常に感慨深いです」とコメント。

 鶴見辰吾さんは「宇宙でのミッションを描いた映画を地球で撮ったのに、それを宇宙で上映していることが不思議な体験でした。子供の頃から、宇宙に近づきたいという気持ちをもっていたので、今日はその気分を味わえました。まるで自分が国際宇宙ステーションにいるようでした」と話し、しずちゃんは「宇宙にいる古川さんとの交信だったのに、声も映像も鮮明で、あまり距離は感じませんでした。あきらめない“はやぶさ精神”でロンドン五輪に向けてがんばりたいです。それより、古川さんの目が思ったよりかわいかったです。長く滞在するのは大変だろうけど、一度は無重力を経験してみたいと思いました。パンチは打てるのか、うまく戦えるのか?(笑)」とコメントした。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top