電通、宇宙ステーション「きぼう」の滞在型ロボットプロジェクト公式ページを公開 | RBB TODAY

電通、宇宙ステーション「きぼう」の滞在型ロボットプロジェクト公式ページを公開

ブロードバンド ウェブ

「KIBO ROBOT PROJECT」トップページ
  • 「KIBO ROBOT PROJECT」トップページ
  • コンセプト
  • スケジュール
  • JOIN US
 電通は1日、国際宇宙ステーション 「きぼう」日本実験棟の滞在型ロボットプロジェクト「KIBO ROBOT PROJECT」に関する公式ホームページ公開した。

 「KIBO ROBOT PROJECT」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「きぼう」を利用した社会課題解決テーマのフィジビリティスタディ提案募集に、電通、東京大学先端科学技術研究センター、ロボ・ガレージが共同で応募し、採択されたもの。2014年頃に「きぼう」で日本人宇宙飛行士とともに宇宙に滞在する、ヒト型のコミュニケーションロボットをつくることを目指すプロジェクトだ。

 このロボットは、SF映画などに出てくるロボットのように、宇宙空間で一人で過ごす飛行士の会話相手として機能するものだ。ひいては、一人暮らしの人が増えている「単身化社会」におけるコミュニケーションレスから発生する問題の解決も視野に入れているとのこと。

 ホームページでは、ミッションやコンセプト、スケジュールなどを掲示しながら、ロボットが宇宙飛行士に向かって発する言葉も募集。心理学的な見地での研究とともに、一般からの意見も役立てる。また、女性の視点から研究開発経過をレポートするTwitterコンテンツも連動している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top